パナソニックグループ


【パナホーム】工業化住宅業界初 新概念の換気・空調システム『エアロハス』の採用住宅を拡大~「空気の質」を究めた健康・快適なくらしを提案



『エアロハス』の採用でエアコンや垂壁が無くなり、すっきりと広がるダイニング

『エアロハス』の採用でエアコンや垂壁が無くなり、すっきりと広がるダイニング

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:松下 龍二)では、2017年4月新発売の戸建住宅のフラッグシップ商品「カサート プレミアム」に標準装備した、工業化住宅業界初(※1)新概念の換気・空調システム『エアロハス』の採用住宅を拡大。8月より、制震鉄骨軸組構造の「カサート」シリーズにもオプションで展開を図ります。

『エアロハス』は、パナソニックの「専用エアコン+換気システム」による換気・空調システムで、家中を快適な温度に保ちながら、自然の力(地熱)の活用と各室を温度センサーで制御することにより、快適性と省エネを実現し、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)(※2)の対応も容易にします。

『エアロハス』は、2017年4月の新発売以降、7月までに約60棟を受注。当初目標(年間100棟)の過半を4カ月で達成し、進捗率は180%に及んでいます。発売後の商談・受注結果から、住宅の購入を検討されているお客さまに、空気環境に高い関心をお持ちの方が多いことが伺えます。

『エアロハス』を採用いただいたお客さまからは、同システムの特長である、
1)家の中の温度ムラが少ない温度バリアフリーと好みに応じた部屋ごとの温度調整
2)花粉はもちろん、PM2.5(※3)や、さらに細かいPM0.5(※4)にも対応できる空気浄化能力(※5)と、こだわりのカビ対策(高い除湿能力で夏場も快適、空調OFFでもダクト内のカビを抑制)
3)地熱利用、各室温度調整、高断熱な建物 等による光熱費の低減
について評価をいただいています。さらに、室内に壁付エアコンがない、屋外にエアコン配管がない等、デザインのノイズレスを実現した点においても高い共感と納得をいただいています。

※1:粒径0.3μm(マイクロメートル)の粒子を99.97%除去するHEPAフィルター搭載の全館空調システムとして、工業化住宅業界初。2017年3月時点 パナホーム調べ。1μmは1mmの1000分の1
※2:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス。国が2020年までに標準的な新築住宅として実現を目指すもので、住宅の躯体・設備の省エネ性能向上、再生可能エネルギーの活用等により、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ、または概ねゼロとなる住宅
※3:PM2.5は粒径が2.5μm以下の微小粒子状物質の総称
※4:PM0.5は粒径が0.5μm以下の微小粒子状物質の総称
※5:HEPAフィルターの工場出荷時の性能値(JIS規格による)であり、換気システム全体の性能値ではありません。

▼[パナホーム プレスリリース] 工業化住宅業界初 新概念の換気・空調システム 『エアロハス』の採用住宅を拡大(2017年8月4日)
http://www.panahome.jp/company/news/release/2017/0804.html

▼関連ページ
『カサート プレミアム』スペシャルサイト
http://www.panahome.jp/casart/premium/

■お問い合わせ先
パナホーム株式会社 広報・渉外部
〒560-8543 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
TEL 06-6834-1955
井筒 克彦・古矢 直美
http://www.panahome.jp/

関連URL:http://news.panasonic.com/jp


  • 『エアロハス』の採用でエアコンや垂壁が無くなり、すっきりと広がるダイニング 『エアロハス』の採用でエアコンや垂壁が無くなり、すっきりと広がるダイニング



注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル