横須賀の新たな日本遺産をご紹介!~日本遺産認定記念「記念艦三笠」パネル展を開催します~



日本遺産認定記念「記念艦 三笠」パネル展

日本遺産認定記念「記念艦 三笠」パネル展

記念艦三笠は、世界三大記念艦の一つとして国内外に広く知られており、これまでにも多くの観光客がその姿を目当てに横須賀へ足を運んできました。
その中で、平成29年4月、旧軍港四市の日本遺産認定ストーリー「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」を構成する文化財として、記念艦三笠が新たに追加認定されました。

これを契機に、記念艦三笠の日本遺産のとしての新たな魅力を発信していくことで、横須賀の日本遺産全体の知名度を高めるとともに、観光客層の拡大や集客促進に繋げていきたいと考えています。

1.パネル展
「『廃艦』から記念艦へー戦後「三笠」のあゆみ」

開催日:平成29年8月3日(木曜日)~8月20日(日曜日)まで

時間:9:30~17時20分まで 木・金曜日は、19時20分まで(8月11日(金曜日)は17時20分まで)

会場:横須賀市立中央図書館1階ホール

2.記念上映講演会
日時:平成29年8月11日(金曜日)10時00分~11時30分

会場:横須賀市立中央図書館2階 視聴覚ホール

映画「東郷元帥を偲ぶ」(35分)

内容:昭和10年頃に作製された東郷元帥の生涯を記録した映画

講演「日露戦争と戦艦三笠」

講師:今原邦彦氏((公財)三笠保存会評議員・元横須賀市立中央図書館長)

主催:横須賀集客促進実行委員会

協力:(公財)三笠保存会、横須賀市立中央図書館、横須賀市市史資料室

詳細は、横須賀集客促進実行委員会のホームページ「ここはヨコスカ」よりご確認ください。
https://www.cocoyoko.net/event/mikasatenji.html(外部サイト) .


▼お問い合わせ
経済部観光企画課
横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 観光企画課」で届きます>
電話番号:046-822-9577
ファクス:046-823-0164


▽横須賀市について
横須賀市(市長:上地 克明)は、神奈川県・三浦半島の中央に位置し、東は東京湾、西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり、幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分、品川から約50分)、海と緑の豊かな自然環境をいかしたさまざまな取り組みを行っています。また、よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった、マリンレジャーなどにも力を入れています。人口402,911人(2017年7月現在)。
横須賀市の詳細については、http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

関連URL:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4450/nagekomi/20170803nihonisanpaneruten.html


  • 日本遺産認定記念「記念艦 三笠」パネル展 日本遺産認定記念「記念艦 三笠」パネル展



注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル