パナソニックグループ


パナソニックKWNグローバルコンテスト2017 グランプリは中国と日本(福島)の作品が受賞



パナソニック株式会社は、2017年8月4日に「キッド・ウィットネス・ニュース(以下、KWN)グローバルコンテスト2017」の表彰式を行いました。本年は、小学生部門で中国のBeijing Haidian Wanquan Primary Schoolの作品「One day of Beijing Kids」と、中学生・高校生部門で日本の福島県立磐城高等学校の作品「Open.」がグランプリに選ばれました。

本年のグローバルコンテストで各国No.1の作品となった26作品は、学校、家族、障がい者、PTSDの患者、スポーツ、映像制作の楽しさなどをテーマに、子どもたちならではの視点で、子どもたちをとりまくリアルな世界や多様性社会を映し出す作品が多かったことが今年の特徴です。グランプリを受賞した小学生部門の中国・Beijing Haidian Wanquan Primary Schoolの作品「One day of Beijing Kids」は、日々、勉強や活動に明け暮れる北京の子どもたちの大変さを訴えた作品。子どもたちが忙しさに追われながら、子ども達が本当にやりたいこととは何かといった核心に迫った作品です。グランプリ中高生部門の、日本・福島県立磐城高等学校の作品「Open.」は、言葉に出さなくても伝わることがあるというメッセージをセリフなしで訴えた作品。無意識の行動でも閉ざされた心を開くことができる、コミュニケーションこそ人と人とを近づける一番の手段であることを伝えています。

今回の表彰式は、初開催となる「KWNグローバルサミット2017」ウィークの期間に行われました。「KWNグローバルサミット2017」は、KWNグローバルコンテストで各国を代表する世界18の国と地域26学校の代表約100名を東京に招致し、2017年8月1~5日の期間で開催されました。4日の表彰式では、グローバルシティズン賞などの各部門賞7賞と共に、グランプリが発表・表彰されました。「KWNグローバルサミット2017」ではキッズ・ジャーナリストの各国代表が自国・他国・東京を取材し、「未来社会の宣言」を起案し発表しました。

KWNはパナソニックが次世代育成支援活動の一環として、現在、世界18の国と地域で展開している活動で、各参加校へビデオ機材を提供し、制作されたビデオ作品を毎年のコンテストで表彰する参加型教育プログラムです。子どもたち自ら主体的にテーマを選び、企画、取材から撮影、編集まで行っています。1989年に米国で始まったKWNは本年で28年目を迎え、これまでに累計18万人以上の子どもたちや先生が参加しています。本年度のKWNグローバルコンテストは、これまでの「コミュニケーション」「環境」「スポーツ」のテーマで、グローバルな次世代の子どもたちのスポーツに対する興味・関心の幅を広げていきます。

パナソニックは、“これからの社会を生きる上で必要な資質・能力”や“グローバル人材”育成の観点から、KWNの活動などを通じて、子どもたち、若者たちが、夢や未来にむかって、その能力と可能性を最大限発揮できるよう応援していきます。

▼[プレスリリース] パナソニックKWNグローバルコンテスト2017 グランプリは中国と日本(福島)の作品が受賞(2017年8月4日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/08/jn170804-4/jn170804-4.html

<関連情報>
・KWNグローバルコンテスト2017特設サイト
http://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn/contest2017/
・KWNグローバルコンテスト2017特設サイト(英語)
http://www.panasonic.com/global/corporate/kwn/contest2017/
・キッド・ウィットネス・ニュース
http://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn/
・Panasonic KWN Global Facebook
https://www.facebook.com/PanasonicKWN.Global/

関連URL:http://news.panasonic.com/jp



このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集、CSR)


注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風