株式会社Resorz


2400社の海外ビジネス課題を徹底分析!『Digima~出島~ 海外進出白書(2016-2017年版)』発表、日本企業の海外進出の実態が浮き彫りに!



株式会社Resorz(東京都目黒区 代表兒嶋裕貴)が運営する、海外ビジネス支援プラットフォーム「Digima~出島~(http://www.digima-japan.com)」にて、2016年度の海外進出に関するユーザーからの相談案件を調査し、日系企業の海外進出傾向を分析いたしました。

この調査結果と併せ、海外進出検討を行った企業及び、海外進出サポート企業に行ったアンケート調査の結果をまとめた「Digima~出島~海外進出白書(2016-2017年版)」を本日発表いたしましたのでお知らせ致します。

■チャンスのある国・業種から、各企業の予算、パートナーの見つけ方まで、進出動向 & 海外展開企業の実態が調査結果により判明

-------------------------------------------------------------------------
『Digima~出島~海外進出白書(2016-2017年版)』は、こちらよりPDFでダウンロードできます。
https://www.digima-japan.com/event-news/lp/hakusho2016-2017
-------------------------------------------------------------------------

各企業の傾向や、実態調査を行うことで、海外ビジネスの成功のポイントなどを浮き彫りにし、日本企業の海外ビジネス展開の参考となる資料となっております。

例えば、第1部では、「Digima~出島~」のユーザーからの相談をもとに、日系企業の海外進出動向をまとめています。どのような業種の企業が、どの国に進出し、どのような課題を抱えているかといったことをデータに基づき、分析・考察しました。結果として、最も多かった進出先の国はアメリカでしたが、ベトナムが急伸しており、また業種によって進出先の国の割合が大きく違っておりました。

第2部では、海外への事業展開を検討した責任者・担当者の生の声をアンケート調査し、まとめております。海外進出を検討している企業が知りたいであろう、「進出国の選定基準」「予算」「パートナーの見つけ方」などを中心に、分析・考察しました。準備にそれほど予算を割かない日本企業の実態や、進出サポート企業の活用ポイントなどが浮き彫りになっております。

そして、第3部では、海外ビジネスのサポート企業150社に行った、アンケート調査についてまとめております。「今後成長が期待できる国とその理由」、「今もっともチャンスのある業種」、「日本企業の海外進出の成功要因・失敗要因」など、海外ビジネスサポートの専門家ならではの目線の意見が集まり、今後海外進出を検討する企業にとって貴重なデータ・考察となりました。

 是非、御社の海外ビジネスにお役立ていければと存じます。下記、見出し一覧になりますので、ご覧いただけますと幸いです。

【第1部】2016年度の日本企業の海外進出動向
 ■ 日本企業の進出国・人気ランキングを発表、進出産業別にも調査
  - アメリカ・アズ・ナンバーワン再び、トランプフィーバーを発端とする米復活の兆し
  - 次世代型IT大国を目指すベトナムの躍進、ASEANの中で飛び抜けて成長を続ける理由
 
 ■ 進出ランキング3~5位+注目国の分析と展望
  - チャイナプラスワンから変貌を遂げるタイ
  - 安定期を迎えつつある中国
  - いまだ伸びしろの大きいイスラム国家・インドネシア
  - フィリピンの現状と予測、8兆円の「ドゥテルテノミクス」が進出に及ぼした影響

 ■ 進出企業の海外進出時のニーズを抽出、最大の関心事は「販路拡大」
  -「販路拡大・開拓」のニーズがトップも、「法人設立」との差は縮まる
  - 現地市場調査&マーケティング施策についての課題
  - 海外顧客をターゲットにしたオンライン上の「越境EC」にまつわる課題
  - 年々高まる「オフショア開発」のニーズ

【第2部】海外進出企業の実態調査(アンケート調査)
 ■「展開済の国」と「進出先候補」の差異に注目、「進出先国」に関するイメージ調査を実施
  - 中華圏が人気。世界の市場としてのニーズは根強いか
  - インドネシア、フィリピン、ミャンマー展開の障壁は何か

 ■ 海外進出に関して、気になる「予算」を調査、見えてきた進出戦略
  - 進出前の平均予算は1039万円、進出成功のためには調査に費用をかけるべき理由
  - 進出時の平均予算は1885万円、展開方法によって大きな差が
  - 進出後の平均予算は3177万円、プロモーションは何を行っているか

 ■ 海外進出成功の最重要ポイント「パートナー」について徹底調査
  - 知人からの紹介は過半数? 現地パートナーの見つけ方
  - パートナー探しにも有効な「サポート企業」の賢い見つけ方とは
  - 現地ローカル vs 日系サポート企業、各分野でのシェアを調査
  -「対応・信頼」を取るか、「価格・精通」を取るか、選ぶポイントを徹底解説

 ■ 海外現地に派遣する人材の最適解は? 進出企業の傾向を徹底分析
  - 現地派遣0名も30%超、できるだけ少人数で進出しようとする背景は
  - 現地派遣人材の最適解!「決裁者1名+若手1名」その理由とは

【第3部】海外ビジネスの専門家150社の意識調査(アンケート調査)
 ■ 専門家が分析! 今、最も「海外進出のチャンス」がある業種は?
  - キーワードは「食」、飲食業と食料品・飲料製造業がワンツーフィニッシュ
  - 小売業が躍進、世界中に成長市場が誕生している中、最注目の市場はどこか
  - インターネット・IT通信業も大きくランクアップ、トレンドはアプリサービス/越境EC
  - 「農業」にチャンスあり?「食」分野での日本ブランドへのニーズは相当根強い
  - その他、知られざる注目業種を指摘した「専門家の声」を紹介

 ■ 今後の海外進出トレンドを占う。2016年、最も成長が期待できる国
  - 成長といえば「ベトナム」! 2年連続で選ばれた「ベトナム」に対する専門家のコメント
  - イスラム市場への注目の高まりが本格化! インドネシアが第2位にランクイン
  - 日本企業にとっての眠れる市場・インド、その攻略のポイントは如何に
  - タイは厳しい市場に? 実際の進出数との差異に注目
  - スイス、アフリカ、ドイツ…、知られざる成長ポイントとは

 ■ 日本企業の海外進出成功率は31.4%? 海外ビジネスの専門家が語る「成功と失敗」要因
  - 日本企業の海外進出成功率を調査、40%以下と回答した専門家が6割を超える
  - 進出失敗の要因は何か。最も多かった回答は「現地パートナー」という結果に
  - 成功のためには必要なことは何か。成功企業の共通点を専門家の声から徹底分析

<Digima~出島~とは?>
「Digima~出島~」(http://www.digima-japan.com)は、海外進出に関する、あらゆる情報を提供する「海外ビジネス支援プラットフォームです。「グローバル市場で成功する日本企業を10,000社作る」をモットーに、海外進出サポートのプロフェッショナル企業の掲載の他、日系企業の海外展開に必要な情報提供メディアの運営、サービス提供を行っています。

<Digima~出島~の海外進出相談コンシェルジュサービスについて>
進出相談コンシェルジュサービスでは「どのサポート企業に、どのような依頼をすればよいか?」についてお電話でコンシェルジュに相談することが可能です。連携している海外進出サポート企業約700社の中から、進出国や進出課題(サポートジャンル)に合わせた企業選定から、お問い合わせ内容の手配まで、無料でサポートしており、これまで約12000件を超えるマッチング実績があります。(2017年8月現在)

<お問い合わせ先>
株式会社Resorz(http://www.resorz.co.jp) 
担当:コミュニケーションデザイン部 高島  
TEL:03-6451-2178 
Email:press@resorz.co.jp
〒153-0051東京都目黒区上目黒3丁目34-1-4号

関連URL:https://www.digima-japan.com/event-news/lp/hakusho2016-2017




注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル