自殺予防週間に合わせ関連図書の企画展示を行います~「働く人の心の問題」を考える~



横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

9月10日は、世界保健機構(WHO)が定めた「世界自殺予防デー」です。
日本では、この日から1週間を「自殺予防週間」と定めています。
この週間に合わせて、市図書館では、働く人の心の問題にスポットを当てた企画展を実施します。

一日の大半を過ごす職場で、私たちは仕事の量や質、人間関係などに悩みながら働いています。残念なことに、こうした悩みが疲れに変わり、蓄積されたのちに、自ら命を絶ってしまうという痛ましいニュースが後を絶ちません。
こうした状況を前にし、図書館ができることは限られているかもしれません。
ですが、企画展を3館同時に行うことで、今悩んでいる方やそれを支える方々はもちろんのこと、今までこの問題に関心の無かった方々にも身近に感じていただき、それぞれの立場で「働く人の心の問題」について考えるヒントになればと思います。
この取り組みが市民のみなさまに浸透することで、誰もが活き活きと働けるまちになることを、願ってやみません。

図書館自殺予防週間企画展
1 日程:9月5日(火曜日)~9月16日(土曜日)(図書館休館日は除く)

2 場所:中央図書館・北図書館・南図書館

3 展示内容:テーマに沿った自殺予防関連資料の展示貸出

展示テーマ「働くことがしんどい時に」

関連リンク
図書館ホームページ(外部サイト)
https://www.yokosuka-lib.jp/


▼お問い合わせ
教育委員会事務局教育総務部中央図書館
〒238-0017 横須賀市上町1丁目61番地 
電話番号:046-822-2202
ファクス:046-823-4200


▽横須賀市について
横須賀市(市長:上地 克明)は、神奈川県・三浦半島の中央に位置し、東は東京湾、西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり、幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分、品川から約50分)、海と緑の豊かな自然環境をいかしたさまざまな取り組みを行っています。また、よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった、マリンレジャーなどにも力を入れています。人口401,639人(2017年8月現在)。
横須賀市の詳細については、http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

関連URL:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8150/nagekomi/20170901jisatuyobou.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 横須賀市イメージキャラクター「スカリン」 横須賀市イメージキャラクター「スカリン」


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風