“人気作家の初の大規模な展覧会が横須賀美術館で開催!”「ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界」展を開催します。



ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展 チラシ 

ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展 チラシ 

亀山達矢と中川敦子からなるtupera tupera(ツペラツペラ)は、絵本やイラストレーションの仕事に加え、舞台美術やアートディレクションなど、近年ますます活躍の幅を広げ、国内外で注目の存在となっています。
初の大規模な展覧会となる本展では、日本絵本賞読者賞を受賞した『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)や『パンダ銭湯』(絵本館)などの人気絵本はもちろん、数々の絵本原画や雑貨、手づくりおもちゃなどを一堂に展示します。
そして、展示室内には『パンダ銭湯』を再現!湯船でリラックスするパンダ親子と撮影ができる部屋となっています。皆様も、絵本の世界にどっぷりと浸かってください。
「人とつながることで新しいものが生まれる」というtupera tuperaの思いを込めた本展。tupera tuperaのユニークで多彩な世界をお楽しみください。

≪展覧会の概要≫

1.展覧会名
「ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界」展

2.会期
平成29年(2017年)9月9日(土曜日)~11月5日(日曜日)
*休館日=10月2日(月曜日) *11月3日(金・祝)は無料観覧日

3.主催
横須賀美術館、毎日新聞社

4.協賛
株式会社ライブアートブックス

5.協力
マイクロソリューション株式会社、有限会社ヤスダフォトスタジオ

6.観覧料
一般900円、高大生65歳以上700円、中学生以下無料

7.関連事業
ワークショップ等の関連事業については横須賀美術館HP(外部サイト)http://www.yokosuka-moa.jp/をご参照ください。


▼お問い合わせ
教育委員会事務局教育総務部美術館運営課
〒239-0813 横須賀市鴨居4丁目1番地 横須賀美術館 
電話番号:046-845-1211
ファクス:046-845-1215



▽横須賀市について
横須賀市(市長:上地 克明)は、神奈川県・三浦半島の中央に位置し、東は東京湾、西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり、幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分、品川から約50分)、海と緑の豊かな自然環境をいかしたさまざまな取り組みを行っています。また、よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった、マリンレジャーなどにも力を入れています。人口401,639人(2017年8月現在)。
横須賀市の詳細については、http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

関連URL:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8171/nagekomi/20170905.html


  • ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展 チラシ  ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展 チラシ 



注目ワード
シルバーウィーク
台風
CEATEC JAPAN
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭