学校法人近畿大学


近畿大学 生物理工学部 公開講座 「受精卵をよく見て不妊を知る」 「骨と関節のお話—生体組織の損傷とその修復—」



近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)は、平成29年(2017年)9月30日(土)に堺市教育文化センター ソフィア・堺にて、「平成29年度 第7回近畿大学生物理工学部 公開講座(BOST Science Café)」(後援:大阪府教育委員会、堺市教育委員会、和歌山県教育委員会)を開催します。

【講座の内容】
(1)「受精卵をよく見て不妊を知る」
講師:生物理工学部 遺伝子工学科 准教授 山縣 一夫
ヒトの生殖機構や不妊に関しての概説と、「ライブセルイメージング」と呼ばれる顕微鏡技術で受精卵を詳細に観察し、質の評価を行う研究成果について、わかりやすく動画などを用いて説明します。

(2)「骨と関節のお話―生体組織の損傷とその修復―」
講師:生物理工学部 医用工学科 准教授 山本 衛
骨や関節の損傷とそれらの修復手法について、生体力学の観点から検討された研究成果を紹介するとともに、丈夫な骨や関節をずっと維持していくにはどうすれば良いのかを、工学の立場から考えます。

【講座の概要】
■日  時:平成29年(2017年)9月30日(土)13:30~16:10(13:00開場・受付)
■会  場:堺市教育文化センター ソフィア・堺(大阪府堺市中区深井清水町1426番地)
      (泉北高速鉄道「深井駅」から徒歩約10分)
■対  象:一般の方、中・高生も歓迎
■定  員:144人(申込先着順、入場無料)
■申込方法:郵送、電話、FAX、E-mail、または下記HPからお申込みください
■お問合せ:近畿大学生物理工学部 公開講座係 TEL(0736)77-3888
      FAX(0736)77-6336 E-mail:bost-kou@waka.kindai.ac.jp
      〒649-6493 和歌山県紀の川市西三谷930 http://www.waka.kindai.ac.jp

【開催の背景】
近畿大学生物理工学部は、「人間」「医療」「食」「生活」「環境」「福祉」をテーマとして、理学・農学・工学・医学を融合させた先進的で多彩な教育と研究を行っています。ここで得られた成果を広く一般の方々にご理解いただきたく、平成11年度(1999年度)から公開講座の形で発信を始めました。
生涯学習の機会とする方から科学に興味をもつ子どもたちまで、幅広い年齢層の方々にご参加いただいており、受講者数は3万人を超えています。今年度も各地の教育委員会のご後援のもと、4府県(和歌山、兵庫、奈良、大阪)の7都市で開催しています。

【講師プロフィール】
生物理工学部 遺伝子工学科 准教授 山縣 一夫(やまがた かずお)
学     位:博士(農学)
専 門 分 野:生殖生物学、発生工学
主な研究テーマ:哺乳動物の生殖、特に精子や卵子が作られる過程や受精、その後の初期胚発生について「顕微鏡で見る」研究をしています。不妊症の解明や、家畜動物の繁殖への応用をめざしています。

生物理工学部 医用工学科 准教授 山本 衛(やまもと えい)
学     位:博士(工学)
専 門 分 野:生体力学
主な研究テーマ:骨や腱などの筋骨格系組織を対象に、生命体を力学的に取り扱う学問領域であるバイオメカニクス分野の研究に従事しています。生体組織の優れた機能を力学的観点から解明することが目的です。

【関連リンク】
生物理工学部遺伝子工学科 准教授 山縣 一夫(ヤマガタ カズオ)
http://www.kindai.ac.jp/meikan/1365-yamagata-kazuo.html

生物理工学部医用工学科 准教授 山本 衛(ヤマモト エイ)
http://www.kindai.ac.jp/meikan/1201-yamamoto-ei.html

関連URL:http://www.waka.kindai.ac.jp




注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル