パナソニックグループ


非接触ミリ波バイタルセンサーの小型・高感度化技術を開発



非接触ミリ波バイタルセンサー

非接触ミリ波バイタルセンサー

<概要>
京都大学のCenter of Innovation(COI)とパナソニック株式会社は共同で、離れたところから高精度に心拍数と心拍間隔を計測できる生体情報センシングセンサーの小型化、高感度化に成功しました。

今回開発した「非接触ミリ波バイタルセンサー」は、2016年1月20日に発表したものに比べ1/10(※1)に小型化しました。また、複数の人物を同時に計測する場合、互いに離れる必要がある距離を7.5 cm程度と従来比1/8まで縮めることができました。その結果、本センサーではこれまで不可能だった複数の人物の心拍間隔を同時に計測することも可能です。

本センサーは、高感度なスペクトラム拡散ミリ波レーダー技術(※2)と、特徴点ベースの心拍推定アルゴリズム(※3)によって、心電計相当の精度で心拍間隔をリアルタイムに計測できます。小型化、高感度化により、天井や機器などにセンサーを埋め込み、利用者が測定時にストレスを感じない、カジュアルな生体情報センシング(※4)を可能にします。具体的には、日常の健康管理や母子・高齢者の見守りなどのシステムの進化と普及に貢献していきます。

※1 昨年発表の60 GHzプロトタイプとの体積比
※2 超広帯域(UWB:Ultra Wide Band)レーダーの一つ。微弱な信号を解析することでノイズの少ない信号を得られる。他の電波システムとの干渉にも強い。
※3 測定対象者の心臓の動きに特有の信号特徴点パターンを自動抽出し、心臓の収縮・拡張の繰り返しを正確に捉えることにより、「呼吸信号などが混在する環境下の」微弱な信号であっても正確な心拍の測定を可能にするアルゴリズム。
※4 計測していることを感じさせず、普段の状態のままリラックスした状態でセンシングすること。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 非接触ミリ波バイタルセンサーの小型・高感度化技術を開発(2017年9月26日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/09/jn170926-1/jn170926-1.html

関連URL:http://news.panasonic.com/jp


  • 非接触ミリ波バイタルセンサー 非接触ミリ波バイタルセンサー



注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル