株式会社ニューズ・ツー・ユー


The Japan Times創刊120周年記念企画展 記念講演会(10/29開催)に、ニューズ・ツー・ユー創業者の末松(神原)弥奈子が登壇します。
「メディアのマーケティング戦略と課題について考える~新聞からデジタルまで」



ネットPR事業を展開している株式会社ニューズ・ツー・ユー (東京都千代田区、代表取締役社長:増田 彰)の関連会社である株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤丈晴)は、英字新聞The Japan Timesが今年3月に創刊120周年を迎えたことを記念し、ニュースパーク(日本新聞博物館)と共催で、2017年10月7日(土)から12月24日(日)まで、The Japan Times創刊120周年記念企画展「英字新聞が伝えた『日本』ージャパンタイムズ120年のあゆみ」を日本新聞博物館(横浜市)で開催します。

この120周年記念企画展の関連イベントとして、10月29日(日)に開催される記念講演会第1弾「メディアのマーケティング戦略と課題について考える〜新聞からデジタルまで」に、ニューズ・ツー・ユー創業者の末松(神原)弥奈子(株式会社ニューズ・ツー・ユー ホールディングス代表取締役、株式会社ジャパンタイムズ代表取締役会長)がモデレーターとして登壇いたします。

本講演会では、The Japan Times創刊当時から広告を掲載しグローバル戦略を図ってきた花王株式会社と、デジタルコンテンツマーケティング分野で功績を上げている日本アイ・ビー・エム株式会社の担当責任者をパネリストにお迎えして、パネルディスカッションを行います。
2020年に東京オリンピックを控え、訪日外国人が年々増加している今、英字新聞やデジタルメディアをどのように活用して、企業はグローバルな情報発信を行っていけばよいのか、120年の歴史を踏まえて考える貴重な機会となります。


【記念講演会 実施概要】
タイトル:「メディアのマーケティング戦略と課題について考える〜新聞からデジタルまで」
日時:2017年10月29日(日)14時〜15時45分(開場13時30分〜)
※パネルディスカッション75分、質疑応答30分
会場:ニュースパーク 日本新聞博物館 横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
定員:120名(先着順)
入館料:一般400円/大学生300円/高校生200円/中学生以下無料
※講演会の参加費はかかりませんが、入館料が必要です。

■パネルディスカッション内容
・明治・大正から戦前における英字新聞への広告掲載
(花王株式会社の広告戦略の背景や意図、ターゲットについて)
・広告媒体としての既存メディアとデジタルメディアの違い
・グローバルの視点からみた、コミュニケーション戦略のあり方
・メディアの課題、企業の課題

パネリスト:
石井 龍夫氏 花王株式会社(デジタルマーケティングセンター シニア フェロー)
山口 有希子氏 日本アイ・ビー・エム株式会社(マーケティングコミュニケーション
デジタルコンテンツマーケティング&サービス 部長)
モデレーター:末松(神原)弥奈子(株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長)

▼記念講演 参加申し込みフォームはこちら
http://jtimes.jp/120talk/

▼英字新聞が伝えた「日本」― ジャパンタイムズ120年のあゆみ(企画展ウェブサイト)
http://jtimes.jp/120


<記念講演 実施内容>
会期中はこの他にも、英語教育・英字新聞史など、各分野のスペシャリストによる講演を予定しています。

[第2弾]
2017年11月4日(土)13:30~14:45
講演者:The Japan Times ST 編集長 高橋敏之氏
「世界で活躍したい人のためのThe Japan Times ST活用法」
現役の編集長が英文記事を教材に、英字新聞の読み方や英語力を向上させるための効果的な活用法を紹介します。

[第3弾]
2017年11月25日(土)13:30~14:45
講演者:上智大学 鈴木雄雅教授
「横浜が育てた英字新聞盛衰の歴史」
英字新聞の歴史を語る上で重要な役割を果たしてきた横浜。The Japan Times創刊前の幕末から明治期に、横浜の外国人居留民がどのように英字新聞を作り、発展させたかについて語ります。

[第4弾]
2017年12月10日(日) 14:00~15:15
講演者:脳科学者 茂木健一郎氏
「ジャパンタイムズ・僕の読み方」
ジャパンタイムズの愛読者である茂木健一郎氏が英字新聞の読み方の極意を語ります。多方面で精力的に活躍している茂木氏がおすすめする英字新聞の読み方を直接聞けるチャンスです!



■株式会社ジャパンタイムズについて
https://www.japantimes.co.jp/
ジャパンタイムズは日本で最も歴史のある英字新聞社として、1897年(明治30年)の創業以来、日本と世界の英文ニュースを国内外に発信しています。「世界に開く日本の窓」としての役割を果たすべく、政治、経済、文化、社会、そしてスポーツ記事を通じ日本の現状と世界の動向を報道してきました。世界200カ国以上の人が利用する英文ニュースサイト「The Japan Times」は、国内最大級の英文ニュースサイトとして多様で独自性のあるコンテンツを揃えています。


■株式会社ニューズ・ツー・ユーについて
https://www.news2u.co.jp/
ニューズ・ツー・ユーはインターネット時代の企業の情報発信、情報流通を支援する目的で2001年に設立された「ネットPR」のリーディングカンパニーです。国内初のニュースリリースポータルサイト「News2u.net」の運営のほか、ニュースリリース・プレスリリース配信サービス「News2uリリース」や、リリース配信に関わるコンサルティング、電子社内報構築サービス等を提供しています。関連会社である株式会社パンセを通じてネットPR周辺のコンテンツ企画、Webサイト構築、コンサルティングも行っています。


<The Japan Times創刊120周年記念企画展に関するお問い合わせ先>
株式会社ジャパンタイムズ 知財管理部
Mail: copyright@japantimes.co.jp
Tel: 03-3452-7050


<本リリースに関するお問い合せ先>
株式会社ニューズ・ツー・ユー
Mail:info@news2u.co.jp
Tel:03-3512-0330 Fax:03-3512-0331

このリリースについてのお問い合わせ




注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル