富士観光開発株式会社


WBA(ワールド・ビア・アワード)2017にて、ミュンヘンラガー「ワールドベスト・へレス ミュンヘナー」受賞 【富士桜高原麦酒】



ワールドベストを受賞したミュンヘンラガー

ワールドベストを受賞したミュンヘンラガー

 イギリスのパラグラフ・パブリッシング社が主催するビールの世界的コンペティション【ワールド・ビア・アワード2017】の結果が9月22日に発表され、富士観光開発株式会社(本社:山梨県南都留郡富士河口湖町 代表取締役社長 志村和也)が製造販売する地ビール『富士桜高原麦酒・ミュンヘンラガー』が、ラガービールカテゴリーのひとつ「ワールドベスト・へレス ミュンヘナー」を受賞し、世界一に選ばれました。

 【ワールド・ビア・アワード】は、2007年より毎年開催され、その年の「世界一のビール」を決めるコンテストで、今年は36カ国から史上最多の1,900以上もの銘柄がエントリーし、日本からも過去最多となる118銘柄がエントリーするなど、年々拡大を見せている世界的なコンペティションです。

 今大会の富士桜高原麦酒は、「カントリーウィナー」に「ラオホ・シュヴァルツヴァイツェン・さくらボック」の3つが選出され、「ワールドベスト・スタイル」に「ミュンヘンラガー」が選出されました。
※ちなみに今大会で「ワールドベスト・スタイル」に選出された国産ビールは全部で4銘柄です。

 今回「ワールドベスト・へレス ミュンヘナー」を受賞した「ミュンヘンラガー」は、WBA2015に続いて2度目の受賞となりました。ドイツのミュンヘンで親しまれているスタイル「へレス」をベースとしたビールです。ホップの苦みを比較的抑え、モルトフレーバーを前面に出した点が特徴で、スムーズなのど越しが、普段あまりビールを飲まない方にもご好評をいただいているビールとなっています。



<WBA(ワールド・ビアアワード)2017 概要>

■主催:パラグラフ・パブリッシング社(イギリス)
■公式サイト:http://www.worldbeerawards.com/
■日本語ウェブサイト:http://whiskymag.jp/wba_2017/ (ウィスキーマガジン・ジャパン内)
■エントリー数:世界36カ国から1,900を超える銘柄が参加
■審査形式:8カテゴリーにビアスタイルごとに出品されたビールをブラインドテイスティングにより評価し、4つのステージを経て最終的に「ワールド・ベスト・ビール」を決定

●第1ステージ
アジア、アメリカ、ヨーロッパの各国にて、カテゴリー内でさらに細かく分けられたスタイル別予選となる第1ステージを行う(例:ラガーカテゴリー内ではピルスナーやダークラガーなどのスタイルに分けられ審査される)。ここで勝ち残ったビールは国別のベストスタイル受賞となり、第2ステージに進む。
    ↓
●第2ステージ:World's Best Style
第2ステージでは各国から勝ち進んできたベストスタイルビールを競わせる。ここでワールド・ベスト・スタイルが決定、第3ステージへ進出となる。
    ↓
●最終ステージ:World's Best Category
最終ステージではワールド・ベスト・スタイルをカテゴリーごとに審査(例:ドッペルボックスタイル、ジャーマンペールラガースタイル、ダークラガースタイルなどは全てラガーカテゴリーとして1つに集約される)。そこで最終的に各ワールド・ベスト・カテゴリーが決定。



【WBA2017 富士桜高原麦酒 受賞ビール】

<ミュンヘンラガー> World Best Helles/Munchner
ドイツのミュンヘンで親しまれているスタイル「へレス」をベースとしたビールです。ホップの苦みを比較的抑え、モルトフレーバーを前面に出した点が特徴。軽やかなモルトの香りとスムーズなのど越しが、普段あまりビールを飲まない方にもご好評をいただいてます。この度World Beer Awards 2015以来、二回目の「ワールドベスト・へレス・ミュンヘナー」の受賞となりました。
(アルコール度数 5.0%)  販売価格:330ml瓶 460円(税別)
*通常この時期には販売しておりませんが、受賞を記念して10月20日頃に発売致します。

<ラオホ> Japan’s Best Smoke Flavoured Beer
ドイツ・バンベルグ特産のビールです。ラオホは“薫煙”という意味で、麦芽を乾燥させるときにスモークしていますので、独特の香りと味が楽しめます。ウイスキーなら“バーボン”、焼酎なら“芋焼酎”、ビールなら“ラオホ”といわゆる通好みの癖になるビールです。
(アルコール度数 5.5%)  販売価格:330ml瓶 440円(税別)

<シュヴァルツヴァイツェン> Japan’s Best Dark Wheat Beer
小麦・ロースト・カラメルなど7種類の麦芽をブレンドし「甘芳ばしさ」」を表現しました。ヴァイツェンの醸造で培った酸味を抑える独自の製法により、黒ビール特有のキレとロースト・カラメル香を存分に引き出したまま、ヴァイツェン特有のフルーティーな香りを共存させたオリジナルの黒いヴァイツェンです。
(アルコール度数 5.2%)  販売価格:330ml瓶 440円(税別)

<さくらボック> Japan’s Best strong Lager
通常のビールの約2倍の麦芽を使用し、長期熟成させたこのビールはドイツではドッペルボックと呼ばれ、修道士たちの断食の時期に愛飲されていました。アルコール度数が8.0%と非常に高く、甘味・苦味・香りのバランスがとれたビールです。
(アルコール度数 8.0%)  販売価格:330ml瓶 480円(税別)
*期間限定のため、現在は販売されていません(毎年3月下旬発売)



【WBA受賞記念飲み放題 開催】
 今回の受賞を記念して、ワールドベストを受賞した「ミュンヘンラガー」も対象となる「WBA受賞記念1,000円飲み放題」を開催致します。

<期間>
11月11日(土)~19日(日)
ディナータイム17:30~21:30 
(LO 食事20:30、ドリンク21:00)
※通常、ミュンヘンラガーは限定ビールの為、現在は販売しておりませんが、今回特別に醸造されます。


【富士桜高原麦酒について】
 富士桜高原麦酒は、富士山から十数年の歳月をかけて湧出する貴重な伏流水を使用し、ドイツでも数少ない国家認定校で百年以上の歴史と多くの優れた醸造士を輩出した「デーメンス醸造専門学校」で培った醸造技術で造るビールです。
 また、富士桜高原麦酒は、ドイツスタイルにこだわり、原料の麦芽は全てドイツより輸入し、モルト100%のビールです。また、濾過しないため、生きた酵母が多く含まれており、ビール本来の味と香りがお楽しみいただけます。醸造所併設の地ビールレストラン・シルバンズなどでお楽しみいただけるほか、インターネット通販でも販売しております。

■富士桜高原麦酒(醸造所)
所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1 (地ビールレストラン・シルバンズ併設)
お問い合わせ:TEL0555-83-2236  http://www.fujizakura-beer.jp/

<本件に関するお問い合わせ>
富士観光開発株式会社・総務部広報課  担当/松嶋・幡野・福嶋
〒401-0396 山梨県南都留郡富士河口湖町船津3633-1  
TEL 0555-72-1194  FAX 0555-72-3402
   URL http://www.fuji-net.co.jp/ E-mail koho@fujikanko.co.jp

関連URL:http://www.fujizakura-beer.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • ワールドベストを受賞したミュンヘンラガー ワールドベストを受賞したミュンヘンラガー
  • 富士桜高原麦酒 定番4種 富士桜高原麦酒 定番4種
  • 富士桜高原麦酒 ボトル 富士桜高原麦酒 ボトル
  • 地ビールレストラン「シルバンズ」 地ビールレストラン「シルバンズ」



注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル