学校法人近畿大学


小児病棟で「ハロウィンイベント」を開催 農学部×医学部奈良病院「食事満足度向上プログラム」の一環で



学生制作のイベントキャラクター

学生制作のイベントキャラクター

近畿大学農学部(奈良県奈良市)食品栄養学科の学生らが、近畿大学医学部奈良病院(奈良県生駒市)のスタッフと共同で、平成29年(2017年)10月31日(火)に医学部奈良病院小児病棟の入院患者様とそのご家族を対象に「ハロウィンイベント」を開催します。

【本件のポイント】
●奈良病院と農学部が連携して取り組む「食事満足度向上プログラム」の一環として実施
●入院患者やその家族の方々が病院食を通じて楽しむことができる集いの場を提供
●学生は病院スタッフと協同することで、座学だけでは体験できない臨床栄養学の実践力を身につける。

【本件の概要】
農学部食品栄養学科学生(4年生4人、2年生1名)が、医学部奈良病院小児病棟および栄養部スタッフと共に、小児病棟入院患者とそのご家族を対象に「ハロウィンイベント」を開催します。本イベントは「食事満足度向上プログラム」の一環として実施するものであり、昨年度に引き続き第2弾となります。
当日学生はボランティアとして参加し、小児病棟内会場の看板作成や、飾り付けの他、手作り仮装グッズを患者である子どもたちと一緒に作成します。また、奈良病院栄養部職員が考案したパンプキン(カボチャ)を用いた手作りクッキーを、参加した学生がハロウィンラッピングして提供します。

■日時:平成29年(2017年)10月31日(火)10:30~14:00
■会場:近畿大学医学部奈良病院 3D病棟プレイルーム
    (奈良県生駒市乙田町1248-1、近鉄生駒線「東山駅」から徒歩約10分)
■対象:小児病棟入院患者様およびそのご家族

【食事満足度向上プログラムについて】
近畿大学農学部食品栄養学科では、医学部奈良病院と連携して、平成28年(2016年)4月から、病院食の質の向上を目的に、奈良病院に入院中の患者様を対象に「食事満足度向上プログラム」を実施し、主に以下4点について連携企画を行っています。

1.食事に関する嗜好調査実施
従来栄養部で年2~4回実施していた嗜好調査を医学部奈良病院栄養部と農学部食品栄養学科学生が共同で実施

2.病棟内デイルーム掲載献立表の変更
予定献立をもとに、季節感やアピールポイントを栄養部から農学部に連絡し、農学部食品栄養学科学生が入院患者の献立表を作成

3.季節献立のアピールメッセージ作成
近畿大学農学部や附属農場などで栽培された安全・安心な農産物をはじめ奈良県産の農作物などを積極的に病院食献立に取り入れ、メッセージカードを献立に添えて情報を提供

4.奈良病院栄養部職員と連携して小児病棟入院患者とその家族を対象にしたイベントを定期的に開催
本プログラムで連携する医学部奈良病院職員と農学部の学生が、小児病棟入院患者様とそのご家族を対象としたイベントを定期的に開催し、栄養学を学ぶ学生の実践的な学習を支援するほか、イベントに合わせた特別な病院食の提供による食事満足度の向上に役立てる

関連URL:http://nara-kindai.unv.jp/


  • 学生制作のイベントキャラクター 学生制作のイベントキャラクター



注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状