日本テクノ株式会社


異業種交流展示会「メッセナゴヤ2017」に出展します。



昨年の当社ブースです

昨年の当社ブースです

電気の「見える化」と「理解(わか)る化」で企業の省エネサポート・コンサルティングを行う日本テクノ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:馬本英一)は、2017年11月8日(水)~11日(土)に名古屋市港区のポートメッセ名古屋で開催される「メッセナゴヤ2017」へ出展致します。

メッセナゴヤ2017詳細

日時: 2017年11月8日(水)~11日(土)10:00~17:00(ただし10日は18時まで、11日は16時まで)
会場:名古屋市港区金城ふ頭2-2 ポートメッセなごや(日本テクノ小間番号)2D-168
主催:メッセナゴヤ実行委員会
ウェブサイト:https://www.messenagoya.jp/

「メッセナゴヤ2017」は、愛知万博の理念の下、業種・業態の枠を越え、各出展者の持ちよる製品やサービスを名古屋から国内外に広く情報発信し、活発なビジネス交流を展開していく『異業種交流の祭典』です。
日本テクノのブースでは、中部エリアのさまざまな企業様に数多く導入いただいている、電気の「見える化」「理解(わか)る化」を通じた省エネ方法をご紹介します。電気の使用状況を光と音でお知らせする時計「SMART CLOCK」(スマートクロック)と、使用量が数字とモニターに映る表情でわかるモニター「SMARTMETER ERIA」(スマートメーター エリア)を展示。合わせて、実際の中部エリアの導入企業の事例などもご紹介します。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

★スマートクロックとは
スマートクロックは、電気の使用量をLEDの「光」と「音」で知らせてくれるアナログ時計です。普段何気なく目にする時計に、電気の使用量も表示することで、消費電力をより身近に感じていただけるようになりました。さらに電気を使いすぎると時計の周りについているLEDが赤く光り、アラームが鳴ります。オフィスや学校、工場、店舗などさまざまな場面で、省エネ活動の促進や啓発に役立っています。

★スマートメーター エリアとは
スマートメーター エリアは、使用している電気の量を計測して、電気の使いすぎを知らせる省エネモニターです。画面は使用電力量を数字とキャラクターの表情・色で表示するため、直感的でわかりやすいと評価をいただいております。また、電気の使いすぎは警報音でお知らせ。さらにインターネット上ではモニターと連動した「前日までの使用量」をグラフで表示。電力プランのシミュレーションも行うことができ、省エネ活動の目標設定や意識づけにも効果的です。

★日本テクノの概要
日本テクノでは、電気の「見える化」と「理解(わか)る化」でさまざまな企業の省エネ活動をサポートしています。これまでに全国約55,000の事業拠点のお客様とともに、省エネによるCO2削減に取り組んできました。電力の省エネルギーコンサルティングをはじめ、電力の小売、高度な電気保安管理サービス、電気工事と、電気に関して幅広く事業展開をしております。

【日本テクノ株式会社について】
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル53階
TEL:03-3349-1111  FAX:03-3349-1112
設立:1995年4月4日
代表者:代表取締役社長 馬本 英一
従業員数:1072名(2017年10月1日現在)
事業内容:電力小売事業、高圧電気設備保安管理・点検業務、キュービクル常時監視システム販売および電力コンサルティング、電気料金自動検針事業
URL:http://www.n-techno.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
日本テクノ株式会社 広報室
TEL:03-5909-5128
E-mail:info@n-techno.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 昨年の当社ブースです 昨年の当社ブースです
  • 当社のスマートクロックとスマートメーターエリア 当社のスマートクロックとスマートメーターエリア



注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会