株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)


デジタルビジネス時代のIT運用の最適化を支援する統合システム運用管理「JP1 V11.5」を販売開始 [日立]



株式会社日立製作所は、このたび、統合システム運用管理「JP1」の最新版である「JP1 V11.5」を製品化し、2017年11月1日から販売開始しました。具体的には、ジョブ管理を実現する「JP1/Automatic Job Management System 3」や障害発生時の調査・分析を支援する「JP1/Operations Analytics」など「JP1」の各種機能を強化し、デジタルビジネス時代におけるIT運用の最適化を実現します。
また、6月末に発表した、「JP1」を活用した「IT運用最適化サービス」において、新たに機械学習の活用を支援するサービスを追加し、11月30日から提供開始します。

<JP1 V11.5およびIT運用最適化サービスの主な強化ポイント>
・デジタルビジネス時代を見据えた大規模対応強化により、業務システムの運用効率を向上
・システム構成の可視化をさらに強化し、業務システムの健全性を容易に確保
・IT運用への機械学習適用を支援し、運用コスト最適化を実現

▼詳細はこちら
http://www.hitachi.co.jp/jp1/download/201710_v1150.pdf

▽統合システム運用管理「JP1」に関するWebサイトはこちら
http://www.hitachi.co.jp/jp1/





◆商標に関する表記
・HITACHI、JP1は、株式会社 日立製作所の商標または登録商標です。
・その他、記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

このリリースについてのお問い合わせ




注目ワード
中間決算
紅葉
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ