株式会社メディアジーン


ギズモード・ジャパン、Business Insider  Japanなど、メディアジーンのメディアが「Amazon Alexa」に対応開始



Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」

Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」

株式会社メディアジーン(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:今田素子)が運営する『ギズモード・ジャパン』(https://www.gizmodo.jp/)、『ライフハッカー[日本版]』(https://www.lifehacker.jp/)、『Business Insider Japan』(https://www.businessinsider.jp/)をはじめとする各メディアは、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応するFlash Briefingスキルを提供開始します。

Alexa対応により、音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスピーカー「Amazon Echo」に「アレクサ、ニュースを教えて」と話しかけるだけで、最新の記事の一部を聴くことができます。出勤準備で忙しい朝の時間や、夕飯の準備で手が離せない時など、これまではメディアのニュースに触れることが難しかったシーンでも、コンテンツをお届けすることができるようになります。

メディアジーンは、Alexaに対応したスキルの拡大を図り、新しい時代に適したコンテンツ提供に積極的に対応していきます。

【Alexa Flash Briefing対応メディア】
・ ギズモード・ジャパン(https://www.gizmodo.jp/
・ FUZE(https://www.fuze.dj/
・ ライフハッカー[日本版](https://www.lifehacker.jp/
・ Business Insider Japan(https://www.businessinsider.jp/
・ DIGIDAY[日本版](http://digiday.jp/
・ カフェグローブ(https://www.cafeglobe.com/
・ マイロハス(https://www.mylohas.net/
・ グリッティ(https://www.glitty.jp/
・ ルーミー(https://www.roomie.jp/

【Alexaとは】
Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

【Echoとは】
Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。また、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制します。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されています。

【本件に関するお問い合わせは下記まで】
本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社メディアジーン グループ広報担当・大川
TEL:03-5784-6703
mail:pr[a]mediagene.co.jp
※[a]を@に変換のうえ、お問い合わせください。

関連URL:https://www.mediagene.co.jp/2017/10/7782.html


  • Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」 Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」



注目ワード
中間決算
紅葉
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ