学校法人近畿大学


ロボット同好会が豊岡市長を表敬訪問し優勝報告 宇宙エレベーターロボット競技会全国大会 中高生初級部門 優勝



全国大会の様子

全国大会の様子

近畿大学附属豊岡高等学校(兵庫県豊岡市)ロボット同好会は、平成29年(2017年)11月5日(日)に行われた「第5回宇宙エレベーターロボット競技会全国大会」の中高生初級部門に出場し、優勝しました。
結果報告のため、優勝メンバーが11月17日(金)に中貝宗治(なかがいむねはる)豊岡市長を表敬訪問します。

【本件のポイント】
●2回目の出場で、初の全国優勝(70チームが参加)
●11月17日(金)に中貝宗治豊岡市長を表敬訪問し、優勝を報告
●チーム3人が力を合わせ、全国大会という大舞台で日ごろの研究成果を発揮

【本件の概要】
 本校ロボット同好会は平成22年(2010年)に結成され、部員14人が普段、各種ロボットコンテストに向けてロボットの作成・プログラミングなどの活動を行っています。昨年から「宇宙エレベーターロボット競技会全国大会」に出場し、2度目となる今年、中高生初級部門で見事に優勝しました。
 この大会は、小中高生が交流をしながら、夢の乗り物である宇宙エレベーターについて学び、レゴブロックを使って製作した宇宙エレベーターロボットの性能を競います。今年は112チーム約400名が出場し、中高生初級部門※には55団体、70チームが参加、本校からは高校ロボット同好会と中学校自然科学部が出場しました。
 高校ロボット同好会のロボットは、動力の基本構成・企画力、プログラミング力に優れ、75個の玉を天井に吊るされた基地に運び戻るまでの速さ・精度の競技で、他チームより速く1往復だけで全ての玉を移動させて優勝しました。
※ 大会出場2年目までは中高生初級部門で、3年目以降は中高生中級部門となる。

■日 時:平成29年(2017年)11月17日(金)16:45~17:15
■場 所:豊岡市役所 市長室(兵庫県豊岡市中央町2-4)
■訪問者:近畿大学附属豊岡高等学校 校長 細川善直(よしなお)
     ロボット同好会 2年生 間島竜一(まじまりゅういち)、森澄優己(もりずみゆうき)、 1年生 川尻晃暉(かわじりこうき)
     顧問:松本雄吾(ゆうご)

関連URL:http://www.kindai-toyooka.ed.jp/


  • 全国大会の様子 全国大会の様子



注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会