学校法人近畿大学


第4回国際救急災害シンポジウム 文部科学省 課題解決型高度医療人材養成プログラム



前回のシンポジウムの様子

前回のシンポジウムの様子

近畿大学医学部(医学部長:伊木 雅之)は、第4回国際救急災害シンポジウムを、平成29年(2017年)11月23日(木・祝)に開催いたします。当シンポジウムは、文科省の課題解決型高度人材養成事業の支援を受け、近畿大学医学部が中心となり、京都大学、大阪市立大学、関西医科大学、旭川医科大学と連携して実施するものです。

【本件のポイント】
●国内で不足しているとされる、災害時に被災地で活躍できる人材養成の促進
●台湾・韓国など海外から専門家をお呼びし、シンポジウムを通じ関係の構築を行う
●災害の多様性を考慮し、大学や国を超えて共同で推進する人材開発プログラム

【本件の概要】
近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)は、平成29年(2017年)11月23日(木・祝)に、第4回国際救急災害シンポジウムを開催します。当シンポジウムは医療現場における諸課題をテーマに開催し、例年、医師・看護師・救命士など約90人の医療従事者にご参加いただいております。今回のシンポジウムでは、阪神淡路大震災、福知山花火大会露店爆発事故、関東豪雨(鬼怒川災害)において、発災時に現場に居合わせた医療スタッフが体験談を語り、災害時の初期対応について議論します。また、ソウル大学からKyoung-Jun Song(キョン・ジョン・ソン)氏、国立台湾大学からはFuh-Yuan Shih(フー・ワン・シー)氏を招聘し、韓国、台湾の災害時の対応状況の講演を行います。さらに、体験コーナーとして、電子トリアージタグ、衛星電話、トランシーバー、J-SPEED 災害時診療概況報告システム、訓練用ムラージュ(外傷などを模造したダミー人形)等のコーナーを設置し、実際の機器に触れる場も提供します。

■日  時:平成29年(2017年)11月23日(木・祝)13:30~17:30
■場  所:大阪府東大阪市小若江3丁目4番1号 近畿大学 実学ホール(2号館)
      (近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
■対  象:一般の方(定員200人 入場無料・申込不要)
■お問合せ:近畿大学 TEL(06)6721-2332

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/medicine/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 前回のシンポジウムの様子 前回のシンポジウムの様子
  • 国際救急災害シンポジウム ポスター 国際救急災害シンポジウム ポスター



注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー