株式会社MS-Japan


「行政の見える化」が実現へ!新地方公会計制度と会計担当者の注意点とは



株式会社MS-Japan(以下:MS-Japan)ウェブサイト内の「転職トピックス」に、以下の記事が掲載されました。

「行政の見える化」が実現へ!新地方公会計制度と会計担当者の注意点とは【コラム】
◇平成26(2014)年5月、総務大臣より「今後の地方公会計の整備促進」が通知されました。通知によれば、固定資産台帳と財務書類の作成に関する統一的な基準を示すとともに、すべての地方公共団体において、平成29(2017)年度までの3年間で新地方公会計制度を導入するよう要請しています。
新地方公会計制度には、自治体の状況に応じて整備できるよう1. 基準モデル、2. 総務省方式改訂モデル(自治体の事務負担を考慮し、段階的整備が可能)の2つが用意されていますが、「東京都モデル」のように、自治体独自で考案したモデルもあります。
新地方公会計制度を導入することにより、公共サービスを受ける市民が、知りたいときに容易に必要とする情報を得ることができる、「行政の見える化」が大きく期待されています。一方で、地方公共団体の会計担当者にとって、大きな負担も予測されますが、どのような点に注意すべきなのでしょうか。

◇最も注意すべき点は・・・

続きを読む⇒ https://tracker.adplan7.com/wa/c/r/p?md=3280&cp=29319&agr=8063244&ad=4592795

転職トピックス一覧はこちら⇒ https://tracker.adplan7.com/wa/c/r/p?md=3280&cp=29319&agr=8063244&ad=4306923
会計トピックス一覧はこちら⇒ http://www.kaikeinet.com/topics?adpl_msmm01&adpcnt=1GP_2ogY

【関連トピックス】
■田舎暮らし希望者続出? 公認会計士の地方移住は可能なのか
https://tracker.adplan7.com/wa/c/r/p?md=3280&cp=29319&agr=8063244&ad=4111622
■多くの都道府県が減税を実施。企業の地方移転は得なのか?
https://tracker.adplan7.com/wa/c/r/p?md=3280&cp=29319&agr=8063244&ad=4111620
■税理士なら非違率80%以上の税務調査にご注意!
https://tracker.adplan7.com/wa/c/r/p?md=3280&cp=29319&agr=8063244&ad=4592793


【この記事に関するお問い合わせ】
株式会社MS-Japan CAM部 マーケティングユニット
E-mail:press@jmsc.co.jp 
TEL:03-3239-7373 FAX:03-3239-7397


【株式会社MS-Japan】
管理部門特化型エージェントNo.1。管理部門・会計・法律分野に特化した人材紹介事業、会計事務所等のプロフェッショナルファームの紹介事業会社。
会計のポータルサイト「カイケイ・ネット」の運営や、企業法務や弁護士・法律事務所に特化した転職サイト「LEGAL NET」の運営も行う。

■人材紹介事業(管理部門・会計・法律分野に特化)
http://www.jmsc.co.jp/
■J-net / 税理士・会計事務所の紹介事業
http://www.j-net.jp/

■KAIKEI NET(カイケイ・ネット)/会計に関する総合ポータルサイト
http://www.kaikeinet.com/
■会計業界の転職・求人情報はこちら http://www.kaikeinet.com/tenshoku/
Facebookページ https://www.facebook.com/kaikeinet2
Twitter公式アカウント https://twitter.com/kaikeinetkun

■LEGAL NET(リーガルネット)/リーガル領域に特化した転職支援サイト
http://www.legalnet-ms.jp
Facebookページ https://www.facebook.com/LEGALNET

関連URL:https://tracker.adplan7.com/wa/c/r/p?md=3280&cp=29319&agr=8063244&ad=4592795



このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告、その他)


注目ワード
運動会
父の日