株式会社オージス総研


オージス総研、次世代エンドポイントセキュリティ「Cybereason」の取り扱いを開始



巧妙化するサイバー攻撃に対し、自社ネットワークへの侵入を前提とした「侵入後対策」を充実させることで、より効果的なエンドポイントセキュリティを実現

株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡信也、以下オージス総研)は、エンドポイントセキュリティ「Cybereason」の取り扱いを開始しました。「Cybereason」は、ネットワーク上の終端であるエンドポイント(クライアントPCやサーバなど)が持つ膨大なログデータを、AIを活用した独自の分析ノウハウを用いて解析することで、サイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知する、クラウドベースのセキュリティソリューションです。オージス総研は「Cybereason」と他のセキュリティソリューション及び運用を組み合わせることで、顧客のセキュリティ対策においてより一層の運用負荷軽減と効率化を提案していきます。
製品Webサイト http://www.ogis-ri.co.jp/product/1265170_6798.html


◆侵入後対策によるエンドポイントセキュリティの重要性
Windowsの脆弱性を突いたランサムウェア「WannaCry」「Petya」に代表されるように、エンドポイントを標的としたサイバー攻撃はより巧妙化しており、一定のセキュリティ対策を実施している組織であっても侵入を100%防御することは困難とされています。そこで、侵入されることを前提とした「侵入後対策」特に、「脅威のリアルタイム検知」により「攻撃目的の不成立」(攻撃の目的が重要情報の持出しであれば、仮に攻撃側の侵入を許したとしても重要情報の漏えいを水際で防止することで、攻撃目的の不成立を狙う)を実現するエンドポイントセキュリティが非常に重要になっています。


◆エンドポイントセキュリティ「Cybereason」の概要
Cybereasonは、ウイルス対策ソフト等、侵入防止対策(EPP)をすり抜けて社内に侵入したマルウェアの振る舞いを監視する侵入後対策(EDR)です。

■特長
・悪意ある振る舞いをリアルタイム検知:
エンドポイント全体の挙動を常に監視し、攻撃の兆候をクラウド上でリアルタイムに解析して、脅威が発見された場合は即座に管理者へ通知します。

・高度な相関分析と自動化:
一連の動きに攻撃性があるかどうかを自動判定する、特徴的なエンジンを実装しています。エンドポイントから収集した大量のデータに対しAIを活用した独自の分析ノウハウにより、「攻撃に利用される可能性がある活動」を抽出し、その上で攻撃と疑われる事実があったかを解析し、関係性のあるものについては「疑わしい活動」として判定します。最終段階では、膨大な攻撃のシナリオと照らし合わせて、判定基準に合致したものを「悪意のある活動」として管理者に報告します。

・攻撃の全体像を即座に特定:
あるイベントが検知された場合に、ほかの端末への感染状況を即座に特定することが可能です。これにより正確な状況把握、被害拡大の抑止措置、原因の特定といった、インシデントの初動対応をスムーズに実行することが可能です。

・視覚化された管理画面・導入の容易性・軽快な動作:
自動解析された結果が時系列でグラフィカルに表示されるため、事象の全体像をスピーディーに把握することが可能です。また、必要な設定情報などをパッケージ化したセンサーを、サイレントインストールすることが可能です。エンドポイント上で稼働する監視センサーは、ユーザモードで動作するため、端末への負荷が最小限になるよう設計されています。

■提供するサービスの種類  サブスクリプション及びオプション選択によるサービスを提供
・「Cybereason」基本サービス:
「Cybereason」利用ライセンス+プロダクトサポートサービス(製品保守に該当)

・「Cybereason」基本サービス+マネージドセキュリティサービス:
上記に加えて、セキュリティアナリストによるイベント検知の際の通知(電話/メール)、解析・リスク判断の支援、解析リポートなどを提供するサービス

■その他
・システム要件:Windows、MacOS、LINUXといったクライアント/サーバOSに対応しています。
詳しくはお問い合わせください。
・ライセンス販売:1エンドポイント(EP)あたり、1年間毎の販売となります。なお、エンドポイント数は、最低1,000EP以上からの販売となります。価格については弊社担当営業までお問合せ下さい。
・製品ウェブサイト:http://www.ogis-ri.co.jp/product/1265170_6798.html


◆「Cybereason」で強化するオージス総研のセキュリティサービス
オージス総研では従来からセキュリティコンサルティング/アセスメント(Plan)、診断/訓練/教育(Check)、セキュリティ運用/SOC(Action)といったセキュリティ支援サービスを提供してきました。この度、「Cybereason」を中心としたエンドポイントセキュリティの導入/構築(Do)を行なうことで、セキュリティ対策のPDCAを包括的に支援する「セキュリティマネジメントサービス」を強化します。
セキュリティの対象は非常に広範囲に渡っており、その課題は企業によって千差万別です。オージス総研のマネジメントセキュリティサービスは、顧客だけでは対応しきれない企業個々の課題を、セキュリティのプロフェッショナルとして「全体を俯瞰すること」と「リソースの最適化を図ること」の二つの方向性にもとづき、顧客と共にセキュリティの最終ゴールを目指します。


◆エンド―スメント
サイバーリーズン・ジャパンは、オージス総研様がCybereason 製品の販売を開始されることを心より歓迎致します。
現在のセキュリティ脅威は日々進化及び巧妙化しており、エンドポイントへの侵入を防御することは不可能な状況であり、侵入後の対策の強化・導入が不可欠です。オージス総研様の提供されるマネジメントセキュリティサービスに、振る舞い検知とAIを利用するCybereasonの技術を組み合わせていただくことでお客様に包括的なセキュリティ対策サービスをご提供いただき、またお客様においては最適なセキュリティ対策を構築いただけると確信しております。今後もサイバーリーズン・ジャパンはオージス総研様とこれまで以上に協業を深め、日本市場のセキュリティ市場の活性化と発展に寄与して参ります。

サイバーリーズン・ジャパン株式会社 取締役 CEO  シャイ・ホロヴィツ
 


◆株式会社オージス総研について  http://www.ogis-ri.co.jp/
1983年に大阪ガスの子会社として設立されたオージス総研は、特定のベンダーや製品に偏らないオープンな立場で総合的なITソリューションを提供しています。先進的なIT技術を取り入れたソリューションの分野では、オープンソースソフトウェアの活用・オブジェクト指向技術・クラウドサービス関連技術・アジャイル開発技術など、また、運用系ソリューションの分野ではデータセンターの運用やそれをベースにしたクラウドサービス、さらに、ITコンサルティングや教育・研修など多様なソリューション分野を総合的に提供しています。国内だけではなく、グローバル視点で、最適な地域での開発、デリバリーを目指します。
                                        


・本プレスリリースに関するお問い合わせ先:
株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 IT基盤ソリューション部 セキュリティビジネス推進チーム
〒108-6013 東京都港区港南2丁目15番1号(品川インターシティA棟)
TEL 03-6712-1270 FAX 03-6712-1231  E-Mail: info@ogis-ri.co.jp

* プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。予告なしに変更する場合があります。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

関連URL:http://www.ogis-ri.co.jp/product/1265170_6798.html




注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル