株式会社博展


博展が2018年3月に、第2回 「サステナブル・ブランド国際会議2018東京」を開催



「持続可能性」を原動力にビジネス・イノベーションを狙う

 株式会社博展(本社:東京都中央区)は、本年に引き続き、日本で第2回目となる「サステナブル・ブランド国際会議2018東京」を、来年3月に開催します。

 「サステナブル・ブランド(以下SB)」とは、経営の根幹に「サステナビリティ(持続可能性)」を取り入れ、自社の競争力とブランド価値を高める取り組みです。多くの企業関係者や識者が議論を重ねる「サステナブル・ブランド国際会議」は2006年にスタートし、今年度も世界11カ国12都市で開催されます。

 第2回目の「サステナブル・ブランド国際会議2018東京」は2018年3月1日、2日の2日間、ヒルトン東京お台場(東京・台場)で開催します。今年度のテーマは「REDEFINING THE GOOD LIFE:“グッド・ライフ”の再定義」。50を超えるセッション、100名以上の国内外の登壇者と、第1回の開催を上回る規模で、1,500名を超える来場者を迎える予定です。

 開催テーマの「REDEFINING THE GOOD LIFE:“グッド・ライフ”の再定義」には、これまでの物質的な豊かさだけでなく、精神的な豊かさが求められていることが前提となっています。そして、家族や地域、社会的な絆を重要視し、地球全体のことも考える持続可能な成長が切望されています。適切に配慮して「獲る」「作る」「消費する」社会で求められる商品・サービスとは何か。そしてブランドが果たすべき役割について議論していきます。

 基調講演には、サントリーホールディングスの新浪 剛史 社長や、オムロンの立石 文雄 会長をはじめ、SBに賛同する多数の講演者が登壇。SBの創始者であるコーアン・スカジニア氏(米サステナブル・ライフ・メディア社)など、海外からも多くの講師の来日も予定しています。

 2日間に渡るセッションでは、開催テーマの「REDEFINING THE GOOD LIFE:“グッド・ライフ”の再定義」を掘り下げるほか、国連が2015年9月に採択した「SDGs」、注目が集まる「ESG情報発信」や「インターナル・ブランディング」、「マーケティング」、「働き方改革」など多彩なテーマを取り上げます。

 本会議では、参加者同士のネットワーキングの構築を目的にした「Activation Hub」も設置します。会議の内容はグローバルに広がるSBコミュニティにも共有されます。


■サステナブル・ブランド国際会議2018 東京 開催概要

名称:サステナブル・ブランド国際会議2018 東京
開催テーマ:「REDEFINING THE GOOD LIFE:“グッド・ライフ”の再定義」
会期:2018年3月1日(木)・2日(金) ※2日間
会場:ヒルトン 東京 お台場
   〒135-8625  東京都港区台場1-9-1  
来場数:1,500名(予定)
主催:株式会社博展、Sustainable Life Media, Inc.

<参加費:有料(事前登録制)>
一般¥50,000-/NPO/NGO¥30,000-/学生¥15,000-
※上記金額は2日間の参加費用(税別)となります。
 その他、1日参加券、団体割引 等の設定があります。

<主な開催内容>
・基調講演、分科会、ワークショップ等、各種セッション
・Activation Hub(交流/ネットワーキング・ゾーン)でのステージ・プレゼンテーション、ネットワーキング・イベント 等


【本件に関するお問い合わせ先】
SB Tokyo 運営事務局 (株式会社 博展内)
担当:古閑、大野、小松 
TEL:03-6821-4815  FAX:03-6278-0078 
MAIL:sbt@sustainablebrands.jp

関連URL:http://www.sustainablebrands.jp/event/sbt2018/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
バレンタインデー
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災