「明治150年記念・旧軍港市日本遺産フォーラムin東京」の開催について



横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

平成28年4月に「横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」として日本遺産に認定された旧軍港四市では、明治期の近代化遺産の特別公開や四市周遊スタンプラリーなどを実施しています。
平成30年(2018年)は、明治元年から150年の年に当たることを記念し、内閣官房「明治150年」関連施策推進室との共催のもと、「明治150年記念・旧軍港市日本遺産フォーラムin東京」を下記のとおり開催いたします。旧軍港四市が連携した取組みのご紹介や今後の展望についてパネルディスカッションを通じて発信します。

詳細につきましては、別添旧軍港市日本遺産活用推進協議会の広報資料をご覧ください。

1.開催日時
平成30年1月17日(水曜日)14時~16時30分

2.開催場所
文化シャッターBXホール(東京都文京区西片1-17-3 BXビル2階)

3.開催内容
(1部)14時00分~14時35分 旧軍港四市の取組み紹介、主催者挨拶等
(2部)14時50分~16時00分 パネルディスカッション
同会場で四市日本遺産パネル展と四市物産展示を同時開催します。

4.主催
旧軍港市日本遺産活用推進協議会

5.共催
内閣官房「明治150年」関連施策推進室

6.参考
旧軍港四市ホームページ http://www.kyugun.jp/(外部サイト)
広報資料(PDF:351KB)
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4450/nagekomi/documents/20171225.pdf


▼お問い合わせ
経済部観光企画課
横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 観光企画課」で届きます>
電話番号:046-822-9577
ファクス:046-823-0164


▽横須賀市について
横須賀市(市長:上地 克明)は、神奈川県・三浦半島の中央に位置し、東は東京湾、西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり、幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分、品川から約50分)、海と緑の豊かな自然環境をいかしたさまざまな取り組みを行っています。また、よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった、マリンレジャーなどにも力を入れています。人口400,435人(2017年12月現在)。
横須賀市の詳細については、http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

関連URL:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4450/nagekomi/20171225nihonisanforamu.html


  • 横須賀市イメージキャラクター「スカリン」 横須賀市イメージキャラクター「スカリン」



注目ワード
バレンタインデー
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災