「就労支援のための合同学習会」の開催について



横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

教育委員会では、教育・福祉・医療・保健・労働等の各機関が協力して構成した「相談支援チーム連絡会議」を組織し、障害のある子どものライフステージに沿った教育相談に取り組んでいます。今回、就労にスポットを当てた具体的な支援方法を探るための合同学習会を次のとおり開催いたします。
この学習会が、参加者にとって、就労に関する知識や情報を得る機会となるとともに、障害のある子どもたちの未来につながる取り組みとなることを期待しています。

1 日時
平成30年1月13日(土曜日)13時30分~16時30分

2 場所
総合福祉会館(横須賀市本町2-1)5階 ホール

3 対象
保護者、教育・福祉などの関係機関や施設で障害者を支援している方

4 内容
テーマ「多様な進路に向けての早期からの取り組み」

(1)情報提供と実践報告
小澤 長幸 氏(日本水産観光株式会社)
岡本 孝伸 氏(株式会社ドコモ・プラスハーティ)
吉田 洋平 氏(社会福祉法人 電機神奈川福祉センター ミラークよこすか)
伊東 恵 氏(社会福祉法人 電機神奈川福祉センター ミラークよこすか)
八橋 貴樹 氏(障害福祉課)
遠藤 聡 氏(神奈川県立岩戸養護学校)

(2)グループ協議

5 その他
参加費は無料、入場自由
当日は参加者のお子さんの一時預かりもあります。


▼お問い合わせ
教育委員会事務局学校教育部支援教育課 担当:久保田 毅
横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 支援教育課」で届きます>
電話番号:046-822-8480
内線:6523
ファクス:046-822-6849


▽横須賀市について
横須賀市(市長:上地 克明)は、神奈川県・三浦半島の中央に位置し、東は東京湾、西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり、幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分、品川から約50分)、海と緑の豊かな自然環境をいかしたさまざまな取り組みを行っています。また、よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった、マリンレジャーなどにも力を入れています。人口400,435人(2017年12月現在)。
横須賀市の詳細については、http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

関連URL:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8320/nagekomi/20180104-syuuroushien.html


  • 横須賀市イメージキャラクター「スカリン」 横須賀市イメージキャラクター「スカリン」



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り