株式会社A.KA Tokyo


Roberto Cavalli(ロベルト・カヴァリ)が、ドバイ`I Love Florence Tower'のインテリアデザインを手がける



国内外のファッションを中心としたPRを手掛けるA.KA Tokyoが、イタリアを代表するラグジュアリーブランド、ロベルト・カヴァリ(Roberto Cavalli)の最新のニュースをご案内いたします。

ロベルト・カヴァリのランウェイのきらびやかな魅力に包まれたプライベートホームが、ドバイの“I Love Florence Tower-アイ・ラヴ・フィレンツェ・タワー”に世界で初めてお目見えします。ロベルト・カヴァリはこのアイコンとなるレジデンシャルタワーで、カヴァリのインテリアシリーズの洗練されたホームアクセサリーや華麗な建具を施したインテリアを披露します。

「フィレンツェとドバイは、手法は異なるものの、エレガントで芸術的なデザインを都市計画全体に反映させている点において強い相関関係を持っていると考えます。」とロベルト・カヴァリのCEO、ジャン・ジャコモ・フェラリスは話します。「新たに誕生するこのタワーは、ロベルト・カヴァリの美やデザインへの情熱、そしてイタリアのクラフトマンシップに対する称賛を体現させ、ブランドの代名詞とも言える“ハイエンド・ラグジュリー”に包まれたものになります。ロベルト・カヴァリのリッチなインテリアは、特別にあつらえられた居住空間にさらに豊かさ、個性、スタイルを与え、メゾンとしてロベルト・カヴァリが表現するライフスタイル、エネルギー、プレステージ、感性、成功、体験することに対する欲望など、すべてにおける強みや魅力を具現化します。」彼はさらにこう続けます。「人々を魅了し続けるフィレンツェの上品さと、華やかでゴージャスなドバイを融合させるプロジェクトに関わることができ非常に嬉しく思っています。世界で最も大きな変貌を遂げた町の1つのウォーターフロントに建つゴージャスな34階建ての高層タワーのインテリアは、住む人達にフィレンツェの古い町並みが持つロマンティックな雰囲気をも感じさせる洗練されたライフスタイルを提供します。」

ビジネスベイエリアのドバイ・ウォーター・キャナル沿いに建設される“アイ・ラヴ・フィレンツェ・タワー”はサウジアラビア最大の不動産開発企業であるDar Al Arkan社が総工費800万AEDをかけ2018年1月から工事に着手します。

Dar Al Arkan社の会長、Yousef Bin Abdullah Al Shelash氏はこう述べています。「不動産開発におけるグローバルリーダーを目指すために、全てにおいてベストであることを最優先させました。ロケーションをドバイキャナルに決め、居住ユニットだけでなくロビーやジム、スイミングプール、ヨガエリア、アウトドアトレイニングエリア、ホール等を含むタワー全体の設備に至るまで完璧なコンセプトのもとで極上の居住空間をクリエイトするために、イタリアンラグジュリーの典型であるロベルト・カヴァリを選択しました。ここに住む人と訪れた人の両方が真のフィレンツェのフィーリングを感じることができる空間になります。」

長さ3.2km以上の人口の運河に臨むこのタワーからは、活気にあふれる運河沿いの風景と息をのむような美しい夜景の両方を楽しむことができ、タワー内部にはイタリアを代表するデザイナ―が描くフィレンツェのアルノ川沿いのエレガントな雰囲気を漂わせます。ファッションブランドであるロベルト・カヴァリが不動産開発に携わるのは今回のプロジェクトが世界でも初めてとなります。


■本件に関する問い合わせ
A.KA Tokyo info@akatokyo.com

関連URL:http://www.robertocavalli.com




注目ワード
新社会人
こどもの日
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽