リアルタイム通訳サービス「J-TALK」、法人向けに初期費用が無料になる!「春節キャンペーン」を2/1から開始



春節(旧正月)の2018年2月16日(金)までお申込みの法人様に初期費用30,000円が無料に。

国際通信事業者のブラステル株式会社(東京都墨田区、代表取締役:田辺淳治・川合健司)は、2018年2月1日から春節開始の2018年2月16日までの間に、法人版リアルタイム通訳サービス「J-TALK」(ジェイトーク)をご契約された法人企業様に、初期費用30,000円※を無料にするキャンペーンを開始いたします。

ブラステルは、モバイルシステムインテグレーターの株式会社ビーマップ(本社:東京都千代田区、社長:杉野文則 東証JASDAQ:4316 以下、ビーマップ)と2016年11月に業務提携後、法人版は「J-TALK」、個人版は「J-TALK BRASTEL」として、現在3言語(英語・中国語・韓国語)で協同展開しています。

http://www.brastel.com/j-talk/
法人版お問い合わせ:https://pro.form-mailer.jp/fms/6263e817111374

これまで本サービスの法人契約企業は、家電量販店や百貨店内のブランドブティック、美容院、宿泊施設など、訪日外国人観光客の来店が多い店舗での導入実績があります。

通常の通訳業務は、音声のみでも対応できますが、本サービスには、お客様の顔を見ながら対応するのはもちろんのこと、ホワイトボード機能、地図機能など、お客様への案内をサポートする機能を充実させており、音声だけでなく視覚的にも伝わりやすいサービスとしてご提供しています。

今後ブラステルは、観光庁が掲げる「観光ビジョン実現プログラム2017」において、誰もが一人歩きできる観光の実現に向け、快適な通信環境とコミュニケーションをサポートして参ります。

多言語対応未対応の地方の法人様(百貨店や宿泊施設等)の導入を期待しています。

■ブラステルについて
通信事業における主力のプリペイド商材「ブラステルカード」と、10ヶ国言語以上のネイティブサポートによるカスタマーサービスが特長。近年は観光向けICT活用として、公衆型ネット電話「ブラステル パブリックフォン」や、IIJが提供する訪日外国人向けプリペイド型SIMカード「Japan Travel SIM」とサービス連携する等、外国人専門の通信サービスを積極展開。また、法人向けには「海外出張者向けのコスト削減ソリューション」やクラウド型ビジネスIP電話サービス「Basix」を、主に海外進出企業・テレワーク推進企業に提供している。2012年4月より国際送金事業に参入し、「ブラステルレミット」を提供開始。

【株式会社ビーマップ 概要】
会社名:株式会社ビーマップ
東京証券取引所JASDAQ上場(証券コード:4316 )
本社事務所:〒101-0047 東京都千代田区内神田2丁目12番5号
代表者:代表取締役社長 杉野 文則
設立:平成10年9月4日
従業員数:72名
事業概要:コンテンツインフラ及びそれを活用したコンテンツの企画・開発・運営から構成されるモバイルシステムインテグレーション事業
URL: https://www.bemap.co.jp/

■報道関係者のお問い合わせ先
ブラステル株式会社 総務部広報担当:安芸(あき)
TEL:03-5637-5466 FAX:03-5637-5482
E-mail:pr@brastel.co.jp

■法人企業のお問い合わせ先
ブラステル株式会社 第4営業部
TEL:03-6868-1087 FAX:03-5637-5481
E-mail:sales4@brastel.co.jp

※税別表示

関連URL:http://www.news2u.net/releases/149799

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
株主総会
ボーナス
梅雨