学校法人近畿大学


(株)京都廣川書店×近畿大学薬学部 包括的パートナーシップ協定を締結



(左)薬学部長 岩城 正宏 (右)(株)京都廣川書店 代表取締役社長 廣川重男

(左)薬学部長 岩城 正宏 (右)(株)京都廣川書店 代表取締役社長 廣川重男

薬学関連の教材を扱う(株)京都廣川書店(東京都千代田区)および(株)京都廣川リサーチ&コンサルティングと近畿大学薬学部(大阪府東大阪市)は、リーダーシップを発揮し活躍できる薬学人を育成し輩出することを目的に、平成30年(2018年)1月24日(水)に包括的パートナーシップ協定を締結しました。

【本件のポイント】
●より高い教育効果を目指し、次世代教材を共同で開発予定
●将来の活躍が期待される学生に「京都廣川奨学金」を給付
●学部横断型の科目を通して学生間の新しいネットワークの構築を図る

【本件の概要】
AIの登場やグローバル化により多様化する社会において、活躍できる学生の育成を目的に、近畿大学薬学部と(株)京都廣川書店および(株)京都廣川リサーチ&コンサルティングは包括的パートナーシップ協定を締結しました。
この協定により、以下3点を軸とし、リーダーシップを発揮し活躍できる薬学人を輩出するための施策を実施していきます。

(1)双方向通信型およびハイブリッド型(紙媒体+電子媒体)等の次世代教材の開発
学生による教材活用実績等を活用し、教員と学生の双方向で通信可能な双方向通信型教材を開発。平成32年(2020年)にリリース予定。
(2)「京都廣川奨学金」の給付を2018年度より実施
学業成績による奨学金ではなく、将来の活躍が期待される薬学部生に給付。給付者を中心とした新しいネットワークも構築していく。
(3)学部横断型学生ネットワークの構築
学部横断型の科目等、新機軸の講義・演習形態を構築することで学生間の新しいネットワーク構築を目指す。

【協定内容】
(1)未来を支える薬学人育成に関すること
(2)理想とする薬学教育に関すること
(3)次世代型教材およびソフト等の開発に関すること
(4)学生生活支援(新機軸な奨学金制度等)に関すること
(5)学部横断的な活動支援に関すること

【京都廣川奨学金について】
目  的:リーダーとして社会に貢献しうる人材の育成支援
選考対象:毎年1名
     学生及び大学院生、成績不問
金  額:50万円
選考方法:応募媒体審査及び面接

【(株)京都廣川書店・京都廣川リサーチ&コンサルティングについて】
■本社所在地  :東京都千代田区神田小川町2-6-12
■代表取締役社長:廣川重男
■創     業:平成8年(1996年)5月
■事 業 内 容:教材開発(出版及びIT教材)、物品販売、コンサルティング、等
■従 業 員 数:9名
■H       P:http://www.kyoto-hirokawa.co.jp/

関連URL:http://www.phar.kindai.ac.jp/


  • (左)薬学部長 岩城 正宏 (右)(株)京都廣川書店 代表取締役社長 廣川重男 (左)薬学部長 岩城 正宏 (右)(株)京都廣川書店 代表取締役社長 廣川重男



注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災