株式会社SOBAプロジェクト


完全無料のクラウド型Web会議システム SOBA meetingが、リニューアルオープン 2018年2月8日提供開始



https://meeting.soba-project.com/(2月9日公開)

Web会議システムを開発販売する株式会社SOBAプロジェクト(本社:京都市、代表取締役 乾 和志)は、最新技術に対応した完全無料のWeb会議システム「SOBA meeting(ソーバ・ミーティング)」をリリースします。

SOBA meeting は、WebRTCおよびSFU(Selective Forwarding Unit)をベースにしており、より低負荷の状態でWebRTCを利用することができます。WebRTCへの対応により、各種ブラウザに搭載された最新の映像・音声コーデックを利用することが可能となっており、高画質・高音質が実現されています。これらの映像・音声コーデックは、ブラウザのバージョンアップとともに進化していくため、ユーザは常に最新技術を利用することができます。
また、音声認識にも対応しており、Web会議への参加者全員の音声をリアルタイムにテキスト化することが可能です。


SOBA meeting の特徴
■完全無料
機能制限などもなく、すべての機能を無料で利用できます。一部に広告が表示されます。

■参加人数無制限
少人数の会議も100人規模の意見交換会にも対応しています。参加人数に制限はありません。

■完全クラウド型
クラウド型で動作するため、PCにソフトウェアをインストールする必要はなく、Webブラウザ上で動作します。

■マルチプラットフォーム対応
Windows、Mac、iOS、Androidに対応しており、あらゆる環境で利用することができます。

■豊富な機能
Web会議に必要な、次のような多数の機能を備えています。
スライド共有 – 各種のファイルが自動的にスライド化され、全員で共有することができます。ファイルとしては、ワード、パワーポイント、エクセル、PDF、各種画像ファイル(JPEG、PNG、GIFなど)に対応しています。スライド上には誰でも書き込みを行うことができます。

デスクトップ共有 – PCのデスクトップを共有できます。高性能なデスクトップ共有機能となっており、動画の共有なども行うことができます。

テキストチャット – テキストを書き込むことで対話を行うことができます。

音声認識議事録 – 音声を文字化し、会話した内容を議事録として残すことができます。

これまでの一般的なWeb会議やビデオチャットは、アプリケーションのインストールが必要であることや、参加者は全員ユーザ登録が必須など、すぐにやり取りを開始できないストレスがありました。SOBA meetingではミーティングルームの作成者以外はユーザ登録不要です。
作成したミーティングルームでは、他の参加者へ共有するためのURLを発行することが可能です。このURLにアクセスすると、すぐにやり取りを開始することが可能です。

またSOBAプロジェクトでは、法人向けのWeb会議システムとして、よりセキュリティが堅牢な上位製品 SOBA ミエルカ・クラウド https://cloud.soba-project.com/ もご用意しております。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社SOBAプロジェクト  http://www.soba-project.com
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93番地 京都リサーチパーク 4号館4階
TEL 075-323-6066 / FAX 075-323-6067 /e-mail:pr@soba-project.com

関連URL:https://cloud.soba-project.com/




注目ワード
株主総会
ボーナス
梅雨