株式会社オルツ、野村ホールディングス株式会社のCVCファンドを引受先とする第三者割当により1億円の資金調達を実施 ~パーソナル人工知能の実用化に向けた研究・開発をさらに加速~の添付ファイル一覧

株式会社オルツ

株式会社オルツ、野村ホールディングス株式会社のCVCファンドを引受先とする第三者割当により1億円の資金調達を実施

株式会社オルツ、野村ホールディングス株式会社のCVCファンドを引受先とする第三者割当により1億円の資金調達を実施

ファイルをダウンロード

リリース日付

2018年03月01日 11時00分

説明

P.A.I.(パーソナル人工知能)『al+(オルツ)』の研究・開発に取り組む株式会社オルツ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:米倉 千貴、以下オルツ)は、野村ホールディングス株式会社のコーポレート・ベンチャーキャピタルファンド(名称:野村インキュベーション投資事業有限責任組合)を引受先とした第三者割当増資を実施し、1億円の資金調達を行いました。 これを機に、日本最大手の証券会社である野村證券株式会社と実証実験を開始し、人工知能を取り入れた新しいサービスの開発を進めると共に、かねてより取り組んできたP.A.I.の実現に向け、研究・開発を一層加速してまいります。

ファイル種別

PNGファイル(1150×625 pixels)

ファイルサイズ

484.37KB

  • 株式会社オルツ、野村ホールディングス株式会社のCVCファンドを引受先とする第三者割当により1億円の資金調達を実施