パナソニックグループ


Fujisawa SSTとドコモが社会課題解決型「IoTでつながる街づくり」の実証検証を開始~第一弾:IoTによる宅配ボックス向けサービス~



ドコモのセルラーIoTネットワーク「LTE-M」を活用した宅配ボックス向けサービス(集荷のイメージ)

ドコモのセルラーIoTネットワーク「LTE-M」を活用した宅配ボックス向けサービス(集荷のイメージ)

Fujisawa SST協議会(代表幹事:パナソニック株式会社)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、神奈川県藤沢市の「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(以下、Fujisawa SST)」において、「まち親プロジェクト」(※1)の取り組みとして、IoTを活用したさまざまな実証検証を行います。その第一弾として、ドコモのセルラーIoTネットワーク(※2)「LTE-M」を活用した宅配ボックス向けサービスの実証検証を2018年4月1日(日)より開始します。本検証は、実際に「Fujisawa SST」(藤沢市辻堂6丁目)の28世帯の住民に参加いただき、2019年以降の商用化を目指しサービスの有用性の検証を行います。

本サービスは、戸建て向け宅配ボックスにセルラーIoT通信ユニット(※3)を取り付け、サービスアプリと組み合わせることで、宅配ボックスからの宅配事業者への集荷依頼を可能とした日本初のサービス(※4)です。また、荷物が配達・取り出し・集荷されたといった宅配ボックスの状態を、都度、利用する住人、および宅配事業者にお知らせするサービスです。

伝票を貼った荷物を宅配ボックスに入れ、通信ユニットに内蔵されたボタンを押すだけで、宅配事業者に集荷依頼が通知され集荷が行われます。ネットオークションやフリマサイトへの出品、通販の返品サービスなど、家庭からの発送を伴うサービスが増えるなか、発送時の一手間を減らすことが利便性の向上につながると考えます。また、通販で購入し、心待ちにしていた荷物がボックスに届けられた際に届くお知らせメールは、荷物の取り出し忘れ防止にも効果があります。

本サービスは利用者の利便性を向上させ、かつ煩わしい通信設定や電源工事が不要のため、マンションと比較して導入がまだまだ進んでいない戸建て向け宅配ボックスの普及を加速し、昨今注目されている再配達の増加という宅配事業者の課題解決にも貢献します。

今後、ドコモは、2018年秋から順次商用化を予定しているセルラーIoTネットワーク(※2)「LTE-M」「NB-IoT」の実証環境を「Fujisawa SST」に対し提供し、Fujisawa SST協議会とドコモはIoT社会を見据えたさらなる地域課題や要望を抽出し、各社の技術やサービスを応用することで「IoTでつながる街づくり」を推進していきます。

※1 街の住人、企業、周辺地域や街で働く人まで参加できるコミュニティ活動で、街に関わるみんなが街を育てる“まち親”としてアイデアを自由に出し、街を成長させていくプロジェクトです。
http://fujisawasst.com/JP/activity/project.html
※2 セルラーIoTネットワークとはNTTドコモが提供する、「LTE-M」「NB-IoT」「Cat.1」およびeDRX機能を包含した、低消費電力、低価格を実現するIoTユースケースに適したネットワークをいいます。
※3 重量センサーによる荷物有無の検知、および集荷依頼の情報をセルラーIoTの通信機能により通知する機器です。
※4 2018年3月28日時点、ドコモ調べ。

■実証検証の概要

1. 実証検証期間
2018年4月1日(日)~6月30日(土)(予定)

2. 各社の役割
Fujisawa SST協議会(代表幹事:パナソニック株式会社):実証検証実施に向けた共同実証パートナーのマッチングと実証環境構築(実行スキーム形成)。
株式会社NTTドコモ:セルラーIoTネットワーク、およびサービスアプリの開発、提供。
※Fujisawa SST協議会に参画する東日本電信電話株式会社とはグループ企業。
ヤマト運輸株式会社:通信機能付き宅配ボックスを使用した配達、および通信機能付き宅配ボックスからの依頼にもとづく集荷サービスの実施。
※Fujisawa SST協議会 参画企業。
パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社:実証検証用通信ユニットの開発、提供。

3. サービス機能
【メール通知サービス】
通信機能付き宅配ボックスに荷物が配達・取り出しされた情報、および集荷依頼を実施した・集荷が完了したなどの情報を、都度、利用する住人にメールでお知らせするサービスです。

【集荷依頼サービス】
伝票を貼った荷物をボックスに入れ通信ユニットに内蔵されたボタンを押すだけで、ヤマト運輸に「氏名」「住所」「電話番号」「宅配ボックスの暗証番号」とともに集荷依頼が通知され、その情報をもとに集荷を実施するサービスです。

■Fujisawa SST協議会について
神奈川県藤沢市のパナソニックの工場跡地にて、Fujisawaサスティナブル・スマートタウンの開発をすすめる18団体からなる街づくり協議会(代表幹事:パナソニック株式会社)です。藤沢市と官民一体で、エコで快適、安心・安全なスマートライフがおくれる「くらし起点」の街をめざし、開発をすすめています。

▼Fujisawa SST協議会 参画企業について
http://fujisawasst.com/JP/project/organization.html
▼Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST) 公式サイト
http://fujisawasst.com

■株式会社NTTドコモについて
名称:株式会社NTTドコモ
代表者:代表取締役社長 吉澤 和弘
所在地:東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー
資本金:9,496億7,950万円 (2017年3月31日現在)
営業開始日:1992年7月1日
従業員:単独7,609名、連結26,734名 (2017年3月31日現在)
主な事業内容:モバイル通信事業、スマートライフ事業

<関連情報>
・Fujisawaサスティナブル・スマートタウンで三井不動産レジデンシャル初の宿泊体験モデルハウスがオープン、スマートタウンのサービスも体験可能(2017年9月19日)
https://news.panasonic.com/jp/topics/155959.html
・「Fujisawa SST」北側実証フィールドに市民農園「シェア畑 Fujisawa SST」を開設(2017年9月15日)
https://news.panasonic.com/jp/topics/156095.html
・「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」の次世代型マンション~体感型モデルルームでスマートタウンの次世代のくらしを提案(2017年6月15日)
https://news.panasonic.com/jp/topics/154401.html

・[プレスリリース] 「Tsunashima SST」がまちびらき、共創によるイノベーション創出活動を展開(2018年3月26日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/03/jn180326-2/jn180326-2.html
・[プレスリリース] パナホーム スマートシティ潮芦屋「そらしま」・D4街区(兵庫県芦屋市)日本初 全117住戸間でのマイクログリッドシステム事業に着手(2017年9月21日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/09/jn170921-4/jn170921-4.html

関連URL:https://news.panasonic.com/jp/


  • ドコモのセルラーIoTネットワーク「LTE-M」を活用した宅配ボックス向けサービス(集荷のイメージ) ドコモのセルラーIoTネットワーク「LTE-M」を活用した宅配ボックス向けサービス(集荷のイメージ)
  • ドコモのセルラーIoTネットワーク「LTE-M」を活用した宅配ボックス向けサービス(配達のイメージ) ドコモのセルラーIoTネットワーク「LTE-M」を活用した宅配ボックス向けサービス(配達のイメージ)
  • 通信機能付き宅配ボックス イメージ 通信機能付き宅配ボックス イメージ
  • 通信機能付き宅配ボックス 通信ユニット イメージ(1) 通信機能付き宅配ボックス 通信ユニット イメージ(1)
  • 通信機能付き宅配ボックス 通信ユニット イメージ(2) 通信機能付き宅配ボックス 通信ユニット イメージ(2)
  • メール通知サービス(通知画面 イメージ) メール通知サービス(通知画面 イメージ)
  • ヤマト運輸への集荷依頼(通知画面 イメージ) ヤマト運輸への集荷依頼(通知画面 イメージ)


このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス、技術・開発、企業動向)


注目ワード
運動会
父の日