インターボルト合同会社


【世界初】一件につき10億円まで補償される“損害保険”が適用された、銀行のように安心して資産を預けられる「仮想通貨ウォレットアプリ」が誕生!



~政府や国防機関でも活用されている世界最高峰のセキュリティ技術で暗号通貨を安全に保管~

Walletイメージ

Walletイメージ

 インターボルト合同会社(代表社員:福岡武彦)は、製品における様々な事故に対して最大1件10億円まで補償される“損害保険”が適用された「仮想通貨ウォレットアプリ」『InterVault(インターボルト)』のベータ版を今春5月1日にリリースいたします。

仮想通貨はお金と同じような大切な資産ですから、絶対的に安心安全のウォレットで管理したいものです。
インターボルトの暗号通貨ウォレットは、「99%」の安全性(技術)に「+1%」の安心感(保険)を実現しています。
政府機関でも導入されている世界最高峰のセキュリティ技術を活用して、あなたの大切な仮想通貨などの金融データを不正送金や横領、盗難、ハッキング被害などからしっかり守ります。
万が一の場合、世界で初めて1件に対して最大で10億円まで補償する保険を適応できます。(※1)
これにより利用者は銀行のように安心して暗号通貨をインターボルト内に預けておくことができます。

 インターボルトに大切な資産を預けたい時は、保守メンテナンス費として預け入れられた仮想通貨の時価の1%相当額の支払って頂きます。
保険の適応は、預入時の時価で保証されるので、たとえばビットコインが80万円から100万円になった場合でも、預け入れ時の80万円のままの保険適応となっております。
そのため、20万円分価値が上昇している場合は、、預入時の時価保証額を変更するために、一度預け入れ直して1%の保守メンテナンス費を支払うことにより、100万円分の保険が適応されることとなります。
これを行うことにより、仮想通貨の時価が上がっても、あなたの大切な資産が安全に保証されるので安心して預けることができます。

今後は、ビットコインやイーサリアムなど100種類以上の通貨に対応したり、インターボルト内で主要な国内外の取引所と連携して一括で取引できる「スーパーウォレット」を開発予定です。


 なお、現在は「事前登録キャンペーン」中で、10万円まで補償可能となっておりますので、この機会に先行予約を済ませておくことをお薦めします。

(※1):インターボルト合同会社が、大手保険会社のサイバーセキュリティ保険に加入することにより、万が一の有事の際に、1事故あたり10億円まで損害賠償にて請求していただく事が可能となり、利用者は安心して過疎通貨を入れておくことが出来ます。

▼「InterVault(インターボルト)」の事前登録はこちらから:
https://intervault.me/

▼「InterVault紹介ムービー」のご視聴はこちらから:
https://youtu.be/mNMHyLqucYo
▼「損害保険」の詳細はこちらから:
https://intervault.me/pdf/20180402cyber-security-insurance.pdf



─────────────────────
【アプリ概要】
─────────────────────
▼サービス名:プライベートストレージ『InterVault(インターボルト)』
▼プラン:ボルト(金庫)プランは、無料で10万円までの補償が入っております。
 「ストレージ(倉庫)プラン」
  個人情報やパスワードなど機密情報を、ハッキングによる不正利用やセキュリティ事故などからしっかり守ります。
  月額1,000円/1TBから始められます。
 「ボルト(金庫)プラン」
  有価証券やデジタル通貨などの価値が算定できるデジタル情報を不正送金や横領、盗難、ハッキング被害などからがっちり守ります。
  インターボルト内の全ての事故に対して1件最大10億円まで補償することができます。
  保守メンテナンス料として評価価値の1%相当額を支払い始められます。現在、「事前登録キャンペーン」中で、10万円まで補償可能。
▼配信日:2018年5月1日(β版リリース予定)
▼対応機種、OS:Windows、Mackintosh、Linux、iOs、Android(予定)
▼特徴:
○写真や画像、パスワード、デジタル通貨などの個人情報を安全に保管
○政府機関でも導入されている国家機密レベルのセキュリティ技術を搭載
○倉庫・金庫のイメージを払拭する簡単なインターフェース(使用感)を実現
○万が一の際に、1件10億円まで損害賠償請求に備えた損害保険に加入
▼仮想通貨ウォレット「InterVault(インターボルト)」についての詳細はこちら:
 https://intervault.me/


─────────────────────
【会社概要】
─────────────────────
▼[インターボルト合同会社](英文表記:Intervault L.L.C.)
住所:東京都新宿区四谷三丁目1番地5
代表社員 福岡武彦
設立年月日:平成30年3月13日
目的:「InterVault」運営を行う合弁会社となります。

□出資会社及び運営主体会社
▼三聖タイムマスター株式会社
営業、マーケティング、バックオフィスを担当
▼UNI株式会社
技術提供・新技術開発コアテクノロジー提供・コア開発を担当

□各社の情報
▼[三聖タイムマスター株式会社](三聖トラストグループ)
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー15F
代表取締役 福岡武彦

▼[UNI株式会社]
住所:東京都港区赤坂7-6-38 アルファベットセブン403
代表取締役 社長 白水 重明

─────────────────────
【代表 プロフィール】
─────────────────────
▼代表社員 : 福岡 武彦(三聖トラスト会計事務所 所長)
[ 略歴 ] 1960年生まれ。国際ビジネス、財務会計、国内・海外のインバウンド税務会計に30年以上携わっている。
大手監査法人KPMGの金融・国際取引税務部、米国海外勤務、外資企業勤務を経て会計事務所を開設。
▼三聖トラスト会計事務所の実績・顧問先:
アマゾンジャパン様
マクラーレンオートモーティブ様
エイチアンドエム ヘネスアンド マウリッツジャパン様
アバクロンビーアンドフィッチ様
ネットフリックス様
ピンタレスト様
ギットハブジャパン様
サンキストパシフィック様
ラグジュアリーカード様


─────────────────────
【開発者 プロフィール】
─────────────────────
▼開発者 : 白水 重明 (株式会社UNI 代表取締役社長)
[ 略歴 ] MIT(Massachusetts Institute of Technology)卒業(1980年)同大学大学院。核科学研究所(LNS)Kendall-Friedman Group、CTB Inc、Symbies Inc、Harmonix Corp、Digital Medicine社など創立。インターネット誕生時より基幹に従事。通信、医療分野の特許多数。FCCや郵政省、NTT、NTTデータ、ソフトバンクの顧問、相談役を歴任。


□開発案件
レーザー通信用ノーマライザー
ハイブリッドマイクロカー
フルデジタル心電計
Parthenon 論理合成システム
IP-PBX ソフトウェア
無線通信システム GigaLink (10Gbps@60GHz)
Method for Autonomous Maintenance
Edge Cache Network
ソフトバンクにおけるモバイル会社設立とインフラ戦略策定
原発の安全化提案

□関与案件
Mathematica 数式処理システム
Connection Machine 並列スーパーコンピュータ
IEEE802.16x 等の標準化
ソフトバンクにおけるボーダフォン買収
ソフトバンクにおけるソフトフォンプロジェクト(iPhone以前)
放送電波を利用したコンテンツのインターネット配信用にLPTVと呼ばれるテレビ放送局と放送免許全米1,800局以上買収・申請取得


□著書・訳書・論文

「Mathematica(日本語)」、「Neural Network and Artificial Intelligence(Addison Wesley)」、「合成知能論(Wiley)」、「Quantization of Time, The Meaning (Addison Wesley)」他、業界紙上の記事など



─────────────────────
【本リリースに関するお問い合わせ先】
─────────────────────
▼インターボルト合同会社
▼広報担当:伏木
▼E-mail:support@intervault.me

関連URL:https://intervault.me/


  • Walletイメージ Walletイメージ



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り