ジャスネットコミュニケーションズ株式会社


コラム『経理界のホームラン王?! ノボルの経理スコアブック』に『資産と費用(82) ~工事損失引当金~』アップのお知らせ(WEBサイト経理の薬)



工事期間中に「工事原価総額」が当初の見積りをオーバー!
損失を計上するのは、いつ?

会計、税務、経理・財務分野に特化したプロフェッショナル・エージェンシー、ジャスネットコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒崎淳)は、WEBサイト経理の薬にコラム『経理界のホームラン王?! ノボルの経理スコアブック』に『資産と費用(82) ~工事損失引当金~』をアップいたしました。

今回も前回に引き続き、「工事損失引当金」に関連して工事契約に関する会計処理について解説しています。

工事期間中に「工事原価総額」が当初の見積りをオーバーし、最終的に損失が出てしまうケースにおける処理を、単純な数字に置きかえた事例をあげて説明しています。

ややわかりにくい論点ではありますが、順を追って読み進めると、ポイントは「損失が発生することが判明した決算期にその損失の全額を認識する」という点にあることがわかります。

■ コラムの詳細を見る
https://www.jusnet.co.jp/kusuri/022/1753.php?utm_source=news2u&utm_medium=release&utm_campaign=news2u_release&utm_content=180405

■ 経理の薬とは
ジャスネットコミュニケーションズ株式会社が運営する経理部の悩みや課題解決を目指す人のための相談窓口です。登録することで1,000語を超える経理用語が無料で読める『「経理・財務」用語事典』(全1,195語)(税務経理協会・刊)を利用できるほか、キャリアに役立つメルマガやコラムを読むことができ、キャリア無料相談、経理部からの相談を公認会計士が受け付ける「経理の相談窓口」(1回無料)を展開しています。

関連URL:https://www.jusnet.co.jp/kusuri/?utm_source=news2u&utm_medium=release&utm_campaign=news2u_release&utm_content=180405




注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル