パナソニックグループ


イントラロジスティクスとサプライチェーン管理の専門展示会 ドイツの「CeMAT 2018」へ出展



製造・物流・小売業界向け最新ソリューションをご提案

「CeMAT 2018」ブース(イメージ)

「CeMAT 2018」ブース(イメージ)

パナソニック株式会社は、ドイツ・ハノーバーで現地時間の2018年4月23日(月)~27日(金)に開催される世界有数の物流に関する展示会である「CeMAT(セマット) 2018」に出展します。

当社は今回、サプライチェーンの現場のフローに沿って、「工場倉庫でのラベリング、誤配送検知作業」「ディストリビューションセンターでの仕分け、搬送、積込み」「トラックでの搬送、受け取り」という一連の流れでの各種ソリューションを当社グループであるZetes Industries S.A.(以下、ゼテス社)の、倉庫などの省人化、省力化を可能とする各種物流ソリューションと併せて紹介します。

当社は、今回の「CeMAT 2018」への出展により、当社が提唱する、「現場プロセスイノベーション」(※)をグローバルに発信していきます。

<3つの現場を想定したエリアで各種ソリューションを紹介。新製品コーナーも設置>
■「工場倉庫でのラベリング、誤配送検知」エリア:
工場内でバーコードのラベリングやRFIDタグのタギングを行い、個品・集合梱包箱・パレット単位の商品情報を見える化・追跡することで出荷から配送までの業務効率化を可能にするクラウドベースのさまざまなサービスを紹介します。RFIDタグ/二次元バーコードを同時に読み取るゲートで、製品ごとパレットごとの個品管理ソリューションのデモを実施します。

■「ディストリビューションセンターでの仕分け、搬送、積込み」エリア:
「荷物の形状を認識する技術」と、ベルトコンベア上の荷物を「自動追尾するプロジェクションマッピング技術」を活用したソリューションを紹介。仕向け地情報をベルトコンベア上で移動する荷物に照射し続けることで仕分け作業を効率化するシステム「Visual Sort Assist」のデモを実施します。
また、フォーク型搬送ロボットが仕分けした荷物をフォーク型の自動搬送ロボットによって無人で積込みエリアまで運ぶデモを実施し、パレット把持・自律搬送・群制御を紹介します。仕分けた荷物の載ったパレットを自動的にピックアップし、無軌道の自律移動と群制御による効率的なルート選択で対応する積込みエリアまで運びます。さらに「Power Assist Suit」を装着して、トラックへの積み込み作業の負荷軽減をイメージしたデモも連動して実施します。

■「トラックでの配送、受け取り」エリア:
荷物を積んだトラックの運行管理者の端末とドライバーのハンドヘルド端末を相互連携させて、配送状況を見える化し、配送効率の向上や問い合わせ対応の迅速化を可能にするゼテス社のソリューションや無人受け取りを実現する「スマートロッカー」を紹介します。

新製品コーナー:
MCL社の技術を活用した「Mobile Enterprise Application Platform (MEAP)」、3D採寸・温度センシングソリューション、頑丈ノートPC・タブレット「TOUGHBOOK/TOUGHPAD」シリーズ製品群を紹介。

特長ある端末と物流現場を熟知している当社だからこそ提供できるソリューションで、サプライチェーンの各現場での業務プロセスにおけるお困りごとの解決策を提案します。

※「現場プロセスイノベーション」:
世の中が便利になればなるほど、その便利を支える「現場」は疲弊していく。プロセスの革新こそが、モノが作られ、モノが動く「現場」の複雑な課題を根本から解決する。製造業で積み重ねてきた現場力と見立ての力が、変化し続けるバリューネットワークを支えていく。お客さまの「現場」へのお役立ちを通じて(A Better World)、より良いくらしを実現していく(A Better Life)。

<参考>
■グループ会社「Zetes Industries S.A.(ゼテス社)」について
ゼテス社は、独自のソフトウェアソリューションを基軸にサプライチェーン全般における現場業務の最適化と見える化に専門特化した、ベルギーのブリュッセルに本拠を置く国際企業です。特に欧州においては物流・流通業界の大手顧客を含め、長年の実績を誇ります。パナソニックは、B2Bソリューション分野の中の重点領域の一つである「物流」事業の強化のため、ゼテス社を2017年7月に完全子会社化しました。これにより、パナソニックはグローバルでサプライチェーン全般におけるソリューションの進化と拡充を加速させています。

■「CeMAT」概要
マテリアルハンドリング・ロジスティクスの分野で、世界最大の国際専門展示会。2005年にスタートし、2016年からは、それまでの3年から隔年へと開催周期を変更。毎年、約5万人の来場者があり、そのうち、約30%がドイツ国外から訪れる。また、2018年から「CeMAT」開催と同時に、最新の産業技術・製品が一堂に会する世界最大のBtoB専門展示会「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」もドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催されることから2つの展示会合計で23万人以上の来場が見込まれている。

関連URL:https://news.panasonic.com/jp/


  • 「CeMAT 2018」ブース(イメージ) 「CeMAT 2018」ブース(イメージ)


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集、製品、サービス)


注目ワード
敬老の日
月見
シルバーウィーク
台風
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭