学校法人近畿大学


体育会水上競技部 パラスイマー 一ノ瀬メイ選手 大和ハウス工業(株) 新CMに起用



新企業CM One Sky『一ノ瀬メイ×エリー・コール』篇

新企業CM One Sky『一ノ瀬メイ×エリー・コール』篇

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、パラリンピアンを起用した新企業CM One Sky『一ノ瀬メイ×エリー・コール』篇を、本年4月18日(水)から全国で放映します。また、ナレーションに俳優・松坂桃李さんが参加しました。

当社は、2016年より、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会オフィシャルパートナー(施設建設&住宅開発)として大会の成功を応援しており、2017年からは『One Sky』をコンセプトに、2020年とその先の未来に向けてコミュニケーションを展開しています。『One Sky』には、多様性の時代だからこそ、同じ空の下、一人一人が違いを認め合い、尊重し合えるような「あたらしい景色」を作りたいという想いが込められています。その第二弾となる本CMでは、昨年開催されたリオ2016パラリンピックに日本代表として出場した「一ノ瀬メイ選手」と、競泳大国オーストラリア代表として数々の金メダルを手にしてきた片足のエース「エリー・コール選手」が出演しています。二人が持っている「障がいに対する社会の意識や偏見を変えていきたい」という強い想いが伝わるストーリーが展開されていきます。
最後のナレーションは『誰もが自分の可能性を信じられる世界へ。』と、「あたらしい景色」の実現を目標とする大和ハウスの想いを、松坂桃李さんが落ち着きがありながらも力強い声で伝えています。

東京2020大会ビジョンの3つ基本コンセプトの1つに、多様性と調和があげられており「人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩。東京2020大会を、世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会をはぐくむ契機となるような大会とする。」と発表されています。(東京2020組織委員会HPより引用)
私たちが『One Sky』に込めた「あたらしい景色」(共生社会)をつくっていこうという想いは、上記の大会ビジョンと共通する部分が多く、基本姿勢と掲げている「共に創る。共に生きる」に相通じるものと考えています。
これからも、皆様と共に、社会と共に、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を応援していきたいと考えています。

【松坂桃李さんインタビュー】
Q.世界には国も言葉も文化も違う人たちが暮らしていて、多様性の時代だからこそ一人一人が違いを認め合い、尊重し合えるような世界を作りたいという「One Sky」をコンセプトに今回のCMは制作されていますが、CMの感想やナレーションを担当してみた感想をお願いします。
A.今回ナレーションで参加させていただきましたが、出演されているお2人は国も人種も言葉も、あらゆることが違う2人ですが…すべてが違うわけではなくて、東京2020パラリンピックという同じ目標に向けて頑張る姿は共通するものがあるのかなと思いました。また自分たちが活躍することで、「世の中の意識や偏見を変えていきたい」というメッセージがとても印象的でした。

Q.CMの中で、「私たちは何だってできる」「運命をかえることもできる」『(松坂さん)誰もが自分の可能性を信じられる世界へ』というメッセージがありますが、松坂さんご自身は、運命を自分で変えた(切り拓いた)経験はありますか?
A.今年で30歳になるのですが、30代になったときに新しい今までとは違った景色をみるために、20代前半でやってきた仕事とは真逆の役や作品に挑戦し続けてきました。

Q.一ノ瀬メイさん、エリー・コールさんの美しい泳ぎ姿にも目を引くCMですが、松坂さんご自身は水泳をされたりしますか?
A.小学校時代は水泳クラブに通っていました。また以前、水泳のオリンピック選手候補という役もやらせていただきましたね。

Q.今後挑戦してみたいスポーツはありますか?
A.スノーボードです。学生時代にハマっていたのですが、今あまりできなくなってしまったので、そういう役があればぜひ挑戦してみたいです。また、ロッククライミングとかもやってみたいですね。

Q.東京2020パラリンピックでは、注目している競技はありますか?
A.水泳はもちろんですけど、中学時代にバスケットボールをやっていたので、車いすバスケットボールには個人的に興味があります。

Q.松坂さんにとって、東京2020はどういう影響を与えるものですか?
A.世界中から東京が注目され、世界中の人が東京に来ると思いますので、世界中の人と交流するキッカケにできたら良いなと思います。また一生に1回あるかないかの自国開催なので、自分の中では一生忘れられない経験・感動が待っているのではないかと思います。

Q.東京2020で世界中から東京が注目されると思いますが、松坂さんが世界の人にオススメしたい東京の観光スポットはありますか?
A.『渋谷』はやっぱり良いのではないでしょうか。また日本独自だと思うのですが(日本の漫画・アニメ文化も体験出来る)「マンガ喫茶」とかオススメです!
僕も空き時間だったり、例えば仕事が午後からのときは午前中に行ったりしますね。

Q.東京2020が開催される時、松坂さんはどんな俳優になっているでしょうか?目標などを教えてください。
A.もう2年後なんですね!その頃僕は32歳になっているのですが、バランスの良い仕事をしていたいと思いますね。1つ1つが濃い内容の作品に、バランスよく関わっていけたらと思います。

Q.最後に、2020年まであと2年となりますが、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会へ出場する選手へ応援メッセージをお願いします。
A.本番まで900日を切っていますが、この日に照準を合わせて選手の皆さんはトレーニングをされていると思います。日本代表応援団の一人として、心からエールを贈りたいと思います!

<松坂桃李さん プロフィール>
1988年10月17日、神奈川県生まれ。
2009年に「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビュー。
その後、映画・TVドラマ・舞台など続々出演。
2013年には第36回日本アカデミー賞新人俳優賞、第22回日本映画批評家大賞主演男優賞、2018年は第39回ヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞。
近年の出演作としては「マエストロ!」、「日本のいちばん長い日」、「湯を沸かすほどの熱い愛」、「キセキ、あの日のソビト」、「ユリゴコロ」、「彼女がその名を知らない鳥たち」、「不能犯」など。TVドラマでは「チームバチスタ2」、「怪盗ロワイヤル」、大河ドラマ「軍師官兵衛」、「ゆとりですがなにか」、朝の連続テレビドラマ小説「わろてんか」など。最新作として「娼年」が公開中。公開待機作として「孤狼の血」がある。また、舞台「マクガワン・トリロジー」に出演予定。

<一ノ瀬メイ選手 プロフィール>
1997年3月17日、京都府生まれ。先天性右前腕欠損症。
1歳半から京都市障害者スポーツセンターで泳ぎ始めた。2010年、中学2年時にパラ水泳女子日本代表としては史上最年少でアジアパラ競技大会に出場し、50メートル自由形で銀メダルを獲得。2013年、高校2年時に出場したアジアユースパラ競技大会で100メートル自由形と同平泳ぎで日本新記録を樹立し、優勝。100メートル背泳ぎと合わせて3冠を達成した。2014年、高校3年時のアジアパラ競技大会(韓国・仁川)では銀メダル(200メートル個人メドレー、100メートル平泳ぎ)と銅メダル(50メートル自由形、100メートル背泳ぎ)を獲得。
2015年近畿大学に進学し、水上競技部に入部。同年の世界選手権では200メートル個人メドレーで8位入賞。
2016年3月の選考会では200メートル個人メドレーで日本新を樹立し、リオ 2016 パラリンピック出場を決めた。リオ2016パラリンピックでは、8種目に出場し、100メートル自由形では3年ぶりに自己ベストを更新した。

<Ellie Cole(エリー・コール)選手 プロフィール>
オーストラリア メルボルン出身。
3歳のとき、腫瘍により、右足の膝上を切断。その8週間後に、リハビリのため水泳を始める。16歳で北京2008パラリンピックに出場し、3個のメダルを獲得。ロンドン2012パラリンピックでは、金4個を含む、6個のメダルを獲得。その後、肩の怪我に悩まされるが、2015年世界選手権で5枚のメダルを獲得し、完全復活を遂げる。リオ2016パラリンピックでは、金2個を含む、6個のメダルを獲得。

<CMの概要>
■タイトル  :大和ハウス工業株式会社
        One Sky『一ノ瀬メイ×エリー・コール』篇(60秒・30秒)
■放映開始日 :2018年4月18日(水)
■放映地域  :全国
■撮 影 日 :2017年9月10日(日)~11日(月)、10月23日(月)~24日(火)
■撮影場所  :大阪府(近畿大学)、オーストラリア(Brisbane Aquatic Centre)
■出    演:一ノ瀬メイ、エリー・コール
■ナレーション:松坂桃李

関連URL:https://www.kindai.ac.jp/


  • 新企業CM One Sky『一ノ瀬メイ×エリー・コール』篇 新企業CM One Sky『一ノ瀬メイ×エリー・コール』篇
  • 新企業 CM One Sky『一ノ瀬メイ×エリー・コール』篇(60 秒) 新企業 CM One Sky『一ノ瀬メイ×エリー・コール』篇(60 秒)



注目ワード
シルバーウィーク
台風
CEATEC JAPAN
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭