株式会社ジャパンタイムズ


The Japan Times ST × 朝日中高生新聞 新連載「英語のやさしい使い分け」2018年4月スタート
2020年度大学入試改革に向け、英文ライティング力の強化めざす



ページ見本

ページ見本

株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤丈晴)と株式会社朝日学生新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:脇阪嘉明)は、中高生向けの英語学習情報について、記事の提携を開始しました。

2018 年 4 月より、ジャパンタイムズが 発行する週刊英語学習紙「The Japan Times ST(以下、ST)」の学習コンテンツ「So, what's the difference? - 英語のやさしい使い分け」が、朝日学生新聞社が発行する「朝日中高生新聞」にて掲載を開始しました。

4月1日号では、「目を覚ます」「(人を)起こす」を表す wake, wake up, waken, awake の使い分け方をやさしく解説しました。このコンテンツは、月1回・第1週号の「朝日中高生新聞」に掲載されます。

2020年度からの大学入試改革では、英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)がいっそう重視されるようになります。両社は、良質な英語コンテンツを読者に提供することで、日本の中学生・高校生が、大学入試改革とその先のグローバル社会に対応していけるよう、英語を書く能力(英文ライティング力)を学んでもらいたいと考えています。


The Japan Times ST / The Japan Times Alpha 編集長 高橋敏之
朝日中高生新聞の若い読者の皆さんに、自分の書いたコンテンツを利用していただくことに、大きな喜びを感じています。

朝日中高生新聞編集長 別府薫
The Japan Times STという頼もしいパートナーと共に、朝中高は、英語をがんばる中高生を応援します。

※「So, what's the difference? - 英語のやさしい使い分け」は2012年8月から2015年5月までSTで連載されていた、語彙力と英文ライティング力養成のためのコンテンツです。


【The Japan Times STについて】
1951年6月13日に、「英字新聞を通じて読者の英語力を高める」ことをコンセプトに「Student Times」として創刊。2013年4月5日より『The Japan Times ST』。2018年7月に『The Japan Times Alpha』に新創刊リニューアルする。
URL: http://st.japantimes.co.jp/

【朝日中高生新聞について】
週1回発行の全国紙。1975年4月5日に、中学生向けの新聞「朝日中学生ウイークリー」として創刊。2014年10月5日より、読者対象を高校生にも拡大した「朝日中高生新聞」としてリニューアルした。国内・国外のニュースや中高生に役立つ学習や進路の情報などを掲載している。
URL: http://www.asagaku.com


【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ジャパンタイムズ
<プレス関係の問い合わせ>
経営推進部(佐々木)
Email: pr@japantimes.co.jp
TEL:03-3453-5312(代)

朝日学生新聞社
<一般企業関係者>
朝日学生新聞社 教育チーム(五十嵐)
E-mail: yasuto_igarashi@asagaku.co.jp
TEL: 03-3545-5227(平日10:00-18:00)

関連URL:http://st.japantimes.co.jp/


  • ページ見本 ページ見本
  • ニュースリリース ニュースリリース



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り