学校法人近畿大学


近大高専 第1回市民公開講座 「本当に役に立つ、とは何か」~アートとANSHIN概念の医療への展開~



昨年の市民公開講座の様子

昨年の市民公開講座の様子

近畿大学工業高等専門学校(三重県名張市)は、平成30年(2018年)5月19日(土)、京都大学大学院工学研究科機械理工学専攻 医療工学分野教授 富田直秀氏をお招きして「平成30年度 第1回市民公開講座」を開催します。

【講座の内容】
■テーマ:「本当に役に立つ、とは何か」
     ~アートとANSHIN(安心)概念の医療への展開~
■講 師:京都大学大学院工学研究科機械理工学専攻
     医療工学分野教授 富田直秀氏

「海外から見ると、日本ほど変わった先進国も珍しいらしい。辛辣な批評家たちは、日本の産業は海外製品のコピーに始まり今もその姿勢は変わっていない、と非難する一方、自分の子を育てるように見えないところにまで気を配る日本のものつくりを賞賛した」と語る富田直秀氏。医療技術開発を例として、日本発のANSHIN(安心)概念が複雑化した社会において「本当に役に立つ」価値創成の新たな基軸となり得ることを講演します。さらに、アートと技術と医療を結びつけるお話を、音楽や画像を交えて紹介します。

【講座の概要】
■日  時:平成30年(2018年)5月19日(土)13:30~15:00(13:00 開場)
■場  所:近畿大学工業高等専門学校 1号館大教室(三重県名張市春日丘7-1、
      近鉄大阪線「名張駅」からバス約8分「近大高専前」下車)
■対  象:一般の方(先着300人、入場無料、当日参加可)
■後  援:名張市、名張市教育委員会、名張商工会議所
■申込方法:講座開催日、住所、氏名、電話・FAX番号、メールアドレスを明記の上、電話、FAX、メールのいずれかの方法で下記へお申込みください。
■お問合せ:近畿大学工業高等専門学校事務部
      TEL(0595)41-0111 FAX(0595)62-1320 E-mail:kkoza@ktc.ac.jp

【講師プロフィール】
昭和56年(1981年) 早稲田大学大学院理工学研究科
            博士課程前期修了
昭和62年(1987年) 佐賀医科大学医学部医学科 卒業
            (医師国家試験合格)
            奈良医大関連病院にて臨床
平成6年(1994年)   京都大学生体医療工学研究センター
            (現・再生医科学研究所)助教授
平成14年(2002年) 京都大学国際融合創造センター教授
平成19年(2007年) 京都大学大学院工学研究科教授
            現在に至る

関連URL:https://www.ktc.ac.jp/


  • 昨年の市民公開講座の様子 昨年の市民公開講座の様子


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
運動会
父の日