【6月1日から受付開始】「奈良市健康エコハウス補助金」を創設



「奈良市健康エコハウス補助金」の詳細

「奈良市健康エコハウス補助金」の詳細

 省エネ・省資源施策の一環として、平成24年度から行っている雨水タンク設置補助に加え、今年度から新たに「家庭用燃料電池式コージェネレーション」、「家庭用リチウムイオン蓄電池」、「窓断熱」を設置した方に対する「奈良市健康エコハウス補助金」を創設、交付申請を下記のとおり6月1日から受け付けます。

◆本市では、温室効果ガス排出量を2030年度に2013年度比30%減を目指している。
◆「家庭」全体での年間20万t-CO2の削減に向けて制度を創設。
◆家庭用燃料電池式コージェネレーションによる温室効果ガス削減効果は、1.9t-CO2
◆事業名の「健康」は、「窓断熱」により、家屋内での温度差によるヒートショックを抑え、脳血管疾患や心疾患を予防するといった効果も期待したもの。


【事業の概要】

○補助対象設備と補助金額(同一の住宅につきそれぞれ1回限り)

〔新規〕(1)家庭用燃料電池式コージェネレーション(停電時自立運転機能を有するものに限る)
・設備本体及び設置に係る費用(上限70,000円)

〔新規〕(2)家庭用リチウムイオン蓄電池
・設備本体及び設置に係る費用と、蓄電容量(キロワット時表示で、小数点以下第2位以下を切り捨てる)に2万円を乗じて得た額を比較して少ない方の額(上限80,000円)

〔新規〕(3)窓断熱
・設備本体費、材料費、施工にかかる労務費及び諸経費の合計額(合計額200,000円以上で、新築・増築を除く。)(上限100,000円)

(4)雨水タンク
・雨水タンクの購入費と配送費の2分の1(上限20,000円)



○補助金の交付を受けることができる方

《家庭用燃料電池式コージェネレーション・蓄電池・窓断熱》
 (1)~(5)のいずれにも該当する方であること。

  (1) (ア)(イ)のいずれかに該当する方であること
   (ア)自己の居住の用に供する市内に存する住宅(共同住宅を除く。)に家庭用燃料電池式コージェネレーション、家庭用リチウムイオン蓄電池、窓断熱(補助対象設備)を設置する方
   (イ)補助対象設備が備え付けられた市内に存する住宅を購入し、当該住宅に居住する方(窓断熱の設置のみを行う場合は除く。)
  (2) 補助金の交付決定通知を受けた後に補助対象設備の設置等に着手し、又は補助対象設備が備え付けられた戸建住宅の引渡しを受ける方
  (3) 来年の2月末日までに、補助対象設備の設置又は補助対象設備が備え付けられた住宅の引渡しが完了する方
  (4) 市税(市民税・固定資産税・軽自動車税)の滞納がない方
  (5) 暴力団等(奈良市暴力団排除条例(平成24年奈良市条例第24号)第2条第3号に規定する暴力団等をいう。)に該当しない方

《雨水タンク》
 平成30年4月1日以降に、自己の居住の用に供する市内の住宅(共同住宅を除く。)に雨水タンクを設置した方で、市税(市民税・固定資産税・軽自動車税)の滞納がなく、設置した雨水タンクを適切に維持管理し、貯留した雨水を散水等に利用できる方

○平成30年度予算額 4,161千円


【申請方法と問い合わせ】

(1)申請方法
 (設置前申請)家庭用燃料電池式コージェネレーション、家庭用リチウムイオン蓄電池、窓断熱
 (設置後申請)雨水タンク
 
 6月1日(金)以降に所定の補助金交付申請書と添付書類を奈良市役所環境政策課に提出してください(窓口への直接提出のみ。郵送等による提出はできません。)

(2)問い合わせ先
  奈良市役所 環境政策課
  〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
  電話:0742‐34‐4591 FAX:0742‐36‐5466

関連URL:http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1527142065438/index.html


  • 「奈良市健康エコハウス補助金」の詳細 「奈良市健康エコハウス補助金」の詳細
  • 【リリース資料】奈良市健康エコハウス補助事業について 【リリース資料】奈良市健康エコハウス補助事業について



注目ワード
キャンドルナイト
株主総会
ボーナス
梅雨