【つくば市】Iot・AI・ビッグデータ等を活用したトライアルを支援します!



平成30年度つくば市Society 5.0社会実装トライアル支援事業の募集を開始しました

Society5.0ご案内

Society5.0ご案内

つくば市では、国が第5期科学技術基本計画(平成28年1月閣議決定)で提唱している「超スマート社会」の実現に向けた取組「Society 5.0」について、全国の企業及び研究機関、教育機関等の新技術(例えば、IoTやAI、ビッグデータ解析、ロボット等)の社会実装に向けたトライアルを支援し、つくばのフィールドを活用して具現化することを目指す取り組みを実施しています。
 平成29年度は、全国から応募のあった中から5件の提案が採択され、つくば市役所などの市内施設の実証フィールド提供、市民モニターあっせんなどの支援を行いました。平成30年度も5件の提案を採択し支援を行う予定です。

1.募集期間
平成30年5月21日(月曜日)午前8時30分から同年6月29日(金曜日)午後5時15分必着

2.支援内容
•トライアルの実施に係る経費の支援(上限100万円)
•施設の確保、モニターのあっせん等
•国等に対する規制・制度改革の提案
•大学・研究機関等とのマッチング
•市のイベント等におけるPRの場の提供
•その他市が必要と認めるもの

3.応募資格
学校団体(中学校~)・企業(個人事業主含む)・研究機関
※大学・企業・研究機関で責任者と構成員が明確な場合、部署・研究所単位の応募も可

4.応募方法
下記リンク先より、詳細をご確認ください。
http://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/oshirase/1004691.html

関連URL:http://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/torikumi/kagaku/1001863.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • Society5.0ご案内 Society5.0ご案内



注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会