ジャスネットコミュニケーションズ株式会社


“IFRSづくり”とその正しい普及に尽力し、「会計の本質」を追求
有限責任あずさ監査法人パートナー山田辰己氏のインタビューを掲載



これからの会計士には、 財務報告の領域を超えた「企業をトータルに見る力」が必要になってくる(アカウンタンツマガジン巻頭インタビュー)

会計、税務、経理・財務分野に特化したプロフェッショナル・エージェンシー、ジャスネットコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒崎淳)は、WEBサイト『ジャスネットキャリア』の『アカウンタンツマガジン』48号を発行し、有限責任あずさ監査法人パートナーの山田辰己氏のインタビュー記事を掲載しました。

『アカウンタンツマガジン』では、日本の会計プロフェッションを牽引する、著名な公認会計士、税理士、CFOの素顔や生きざまに光をあてて、人生観・仕事観を紹介しています。

今回インタビュー記事にご登場いただいた山田氏は、大学在学中に公認会計士試験(旧二次)に合格し、公認会計士としてのキャリアを、監査法人ではなく、住友商事の主計部からスタートしました。

その後、監査法人での経験を経て、IASC(国際会計基準委員会)の日本代表として活動するなど、事業会社で重ねてきた豊かな会計処理の経験を基に、経理会計の実務家の視点で、会計基準づくりの専門家としてのキャリアを積んでいくことになります。

そしてIASB(国際会計基準審議会)の初代ボードメンバーに就任。まさにIFRSという新しい会計基準をつくるメンバーとして国際舞台で活躍されてきました。

現在は、あずさ監査法人のパートナーとして、また中央大学の特任教授として、「IFRSを本当に理解する」公認会計士の育成に尽力されています。

そんな山田氏が公認会計士に向けて伝えたいメッセージとは――。

■ インタビュー記事の詳細を見る 
https://career.jusnet.co.jp/magazine/vol48/main.php?utm_source=news2u&utm_medium=release&utm_campaign=news2u_release&utm_content=180601

■ 『ジャスネットキャリア』とは
会計、税務、経理・財務分野で最大級の求人掲載数を誇るエージェントサイト。公認会計士、税理士などの有資格者をはじめ、会計、税務、経理・財務分野で活躍を期待されるビジネスパーソンの「転職」を支援。最大の特徴は、一人ひとりのスキルに応じた最適なキャリアアドバイスができること。経験豊富なエージェントだからこそ可能な、納得の仕事探しをサポートします。

関連URL:https://career.jusnet.co.jp/?utm_source=news2u&utm_medium=release&utm_campaign=news2u_release&utm_content=180601



このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告)


注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル