ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社


花粉飛散期におけるコンタクトレンズ装用に関する意識調査



花粉による目の症状。自己対処により、症状を悪化させるコンタクトレンズユーザーの低い意識が明らかに

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケア カンパニー(本社:東京都、代表取締役:大瀧守彦)は、花粉飛散期におけるコンタクトレンズ装用の実態調査のため、全国の眼科医(122名)、花粉症のコンタクトレンズユーザー(全国の男女1,000名)を対象に、それぞれ意識調査を実施しました。

その結果、眼科医の98%が花粉飛散期に、眼のアレルギー症状が出ている患者に望ましいコンタクトレンズとして、「1日使い捨てタイプ」と回答しているのに対し、花粉症を自覚している「1日使い捨てタイプ以外」のソフトコンタクトレンズユーザーのうち、77%が種類を換えていないことが明らかになりました。また、花粉症で眼科を受診したことがあると回答した花粉症のコンタクトレンズユーザーは、33%に留まり、眼科に行かない理由として、55%が「自分で対処できるから」と回答しました。しかし、眼科医の75%が自己診断・処置により、アレルギー症状が悪化したケースを診断したことがあると回答しました。

今回の調査を受け、梶田眼科院長の梶田 雅義先生は、「花粉飛散期は、レンズに付着した花粉が結膜に常に触れるため、アレルギーをもったコンタクトレンズ装用者にとって辛い時期になります。この時期にコンタクトレンズを快適に装用するためには、眼から花粉を追い出してしまうことです。コンタクトレンズの毎日のお手入れはもちろんですが、いくら洗ってもレンズから花粉を全て取り除くことは難しいようです。そこで、レンズと共に花粉を捨てられる1日使い捨てタイプのコンタクトレンズは、有効な花粉対策の1つといえます。今回の調査で多くの眼科医が「花粉飛散期に望ましい」と回答しているのも、眼を清潔に保てることが主な要因といえます。また、充血やかゆみなどのアレルギー症状があった際には、特にコンタクトレンズユーザーの方は、自分で対処しようとせず、早急に眼科を受診するべきです。」とコメントしています。

関連URL:http://acuvue.jnj.co.jp/corp/press/p0024.htm

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル