株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)


AIを活用した学習機能により効率的な運用を可能にする「チャットボットサービス」を販売開始[日立]



~ヘルプデスク業務での試行運用の結果、オペレーターへの問い合わせ件数が前年度比20%減少~

株式会社日立製作所は、このたび、対話型ボット(*1)による業務改革や新たな価値の創出を支援するデジタル対話サービスの第一弾として、さまざまな業種における問い合わせ対応の効率化を支援する「チャットボットサービス」を2018年6月27日より販売開始しました。
本サービスは、チャットによる問い合わせに対して、企業内に蓄積されている業務ナレッジをもとに作成したFAQ(*2)や業務シナリオなどから適切な回答を自動的に返すことを可能にします。これにより、社内外からの問い合わせに対応するヘルプデスクやコンタクトセンターにおいて、業務負荷を軽減するとともに、24時間対応やサービス品質の向上を支援します。
また、AI(*3)を活用した学習機能により、効率的に回答精度を高めることが可能なため、チャットボットの運用負担を軽減することが可能です。

▼続きはこちら
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/06/0627.html

▼チャットボットサービスに関するWebサイトはこちら:デジタル対話サービス
http://www.hitachi.co.jp/products/it/IoTM2M/bot/


(*1):テキストや音声による人の質問に対して自動的に応答する対話システム。
(*2)FAQ:Frequently Asked Questionsの略。
(*3):2017年9月28日 日立ニュースリリース「自発的に成長する音声対話AI技術を開発」



◆商標に関する表記
・記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

このリリースについてのお問い合わせ



このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス、告知・募集)


注目ワード
海の日
海水浴
夏休み
花火
夏祭り