学校法人近畿大学


「ホスピタルアートってなに?」 文芸学部から医学部まで、文理の垣根を越えて学部横断で学ぶ



ホスピタルアート活動の様子

ホスピタルアート活動の様子

近畿大学(大阪府東大阪)は、平成30年(2018年)7月2日(月)、文系理系を問わず学部横断で集まった学生61人が参加して、「ホスピタルアートってなに?」と題した勉強会およびワークショップを開催します。

【本件のポイント】
●文芸学部が9年間にわたり取り組んできた「ホスピタルアート」について、学部横断で学ぶイベントホスピタルアート活動の様子
●手作りクレヨンを使ったアートセラピーに関するワークショップを学生が体験
●アートの力で病院を心豊かな空間に変えるため、学部の垣根を越えて意見交換を行う

【本件の概要】
近畿大学文芸学部は、医学部附属病院と連携し、「HART」と名付けたホスピタルアートの活動を9年間にわたり行ってきました。ホスピタルアートとは、病院を単なる科学的・医学的治療機関に終わらせるのではなく、アートによって患者を精神的にも身体的にも癒し、病院をより快適な空間に変えるというプロジェクトです。これまでに、医学部附属病院内で美術展や演劇パフォーマンス、音楽会などを開催し、病院を心豊かな空間に変えるためのプロデュースやデザインを、学生の手で実行してきました。
本イベントでは、これまでのHARTの活動を紹介するとともに、実際にHARTが病院で行っている手作りクレヨンを使ったアートセラピーのワークショップを体験します。そのうえで、全国の病院や施設などの療養環境が、患者やその家族、医療者や職員にとって心身共に癒される空間となることをめざし、学生が学部の垣根を越えて意見交換を行います。

■日 時:平成30年(2018年)7月2日(月)18:40~20:00
■会 場:近畿大学東大阪キャンパス アカデミックシアターラーニングコモンズ
     (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
■参加者:近畿大学文芸学部、医学部、理工学部、建築学部、薬学部、経済学部、経営学部、総合社会学部、国際学部の学生 61人

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • ホスピタルアート活動の様子 ホスピタルアート活動の様子



注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風