株式会社グローバルインフォメーション


国際会議「国際タイミング・同期フォーラム 2018年」(Executive Industry Events Limited主催)の参加お申込み受付開始



先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2018年11月5-8日 ルーマニア、ブカレストにて開催されますExecutive Industry Events Limited主催 国際会議 「ITSF 2018 (The International Timing & Sync Forum)-国際タイミング・同期フォーラム 2018年」の代理店として参加のお申込み受付を7月6日より開始致しました。

International Timing & Sync Forum (ITSF) は、ネットワークの時刻と同期をテーマにした世界最大規模の会議であり、通信、金融、エネルギー、輸送、放送、防衛などの分野における各種の応用技術を網羅します。

カンファレンスプログラム

ITSF 2018運営グループが最近開いた会議では、さまざまな市場で正確な時刻と周波数が重視されるようになっているとの認識が示されています。運営グループは、「スマートインフラストラクチャの重要な実現技術としての時刻」というテーマを掲げ、以下のような分野の専門家に基調講演を依頼する意向を示しています。

通信: 通信事業者のネットワーク、とりわけ今後登場する5G移動通信ネットワークでは、位相と時刻の正確な同期が業務の基盤となっており、アプリケーションによっては、求められる正確さが既存の4Gインフラストラクチャよりもはるかに厳しくなる可能性もあります。

金融市場: EUの改正版金融商品市場指令 (MiFID II) は、タイムスタンプの正確性と協定時間時 (UTC) に対するトレーサビリティに関して従来よりもはるかに厳しい要求条件を設定しており、信頼性の高い時刻同期を取引所に転送し、ソフトウェアスタックを通じて確定的時刻を得られるようにすることが重要かつ困難な課題となっています。

電力事業: 送電網を通して拡大する電力供給異常の正確なタイミングを把握することができれば、送電線が途絶している箇所を正確に突き止めることができます。また正確な周波数が分かれば、大小さまざまな規模の発電施設から送電網への電力供給を大幅に効率化することができます。どちらの利用事例も、スマートグリッドの時刻基準と周波数基準の正確性に関する大規模な総点検を促すものと言えます。

放送: 正確な時刻同期は、複数の異なる場所から行われる複合的な放送を結びつける際のユーザーの認知、および音声と動画の基本的な成分を同期させるためのタイムスタンプの配信にとって極めて重要な意味を持っています。

自動運転車: 周辺環境に対する詳細な情報を収集し、路側ビーコンを使って正確な位置を把握することが可能な自動運転車の実現に向けた取り組みが進むなか、数マイクロ秒以内の測定精度の時刻が求められるようになっています。

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「ITSF 2018 (The International Timing & Sync Forum)-国際タイミング・同期フォーラム 2018年」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議:「ITSF 2018 (The International Timing & Sync Forum)-国際タイミング・同期フォーラム 2018年」
開催日:2018年11月5-8日
開催地: ルーマニア、ブカレスト:JW Marriott Bucharest Grand Hotel, Romania
概要、お申し込みはこちら: http://www.giievent.jp/eie654771/

Executive Industry Events Limited代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り