株式会社MS-Japan


ワークフロー活用による「働き方改革」と「ビジネス効率化」【Manegy働き方改革特集】



副業解禁やフレックスタイム制等、新たに制度を取り入れる企業がある一方、まだ何も手を付けられておらず悩んでいる企業もまだまだ多いのではないでしょうか。

そんな企業の「働き方」を管理部門から変えるべく、株式会社MS-Japan(本社:東京都千代田区代表取締役社長:有本隆浩/以下MS-Japan)は、同社が運営する企業の管理部門と士業をつなぐポータルサイト「Manegy(マネジー)」(https://www.manegy.com/)で、新たな情報発信ページとして平成30年7月24日より『管理部門から会社を変える! 働き方改革特集』を開始し、同日に以下の記事を掲載致しました。

働き方改革特集一覧はこちら⇒ https://www.manegy.com/content/workstyle2018/


◇ワークフロー活用による「働き方改革」と「ビジネス効率化」◇

2016年に「働き方改革」が提唱され、その注目度の高さは説明するまでもありません。
「働き方改革」を実施しなければならない理由としては、労働力人口の減少、少子高齢化、労働生産性の低さ、長時間労働などの背景があります。いずれも大きな社会問題ですが、特に「労働生産性の低さ」が改善すべき対象として注目されています。
日本の労働生産性は、「OECD加盟35カ国中22位」「先進7カ国(G7)では最下位」という非常に低いポジションに位置しています。「働き方改革」において、「長時間労働是正」のためには「労働生産性向上」が必要だと考えられており、企業では、場所や時間に縛られない多様な働き方や、効率良く仕事を行える環境作りが求められています。

一般的に生産性の向上を図るといえば、『各個人のスキルアップ』『組織・体制の見直し』『無駄な人員の削減』『従業員のモチベーションアップ』 などがあげられます。しかし、長年の経験で培ってきたスキルを新入社員が一朝一夕で身につけることは困難ですし、急な組織変更やリストラも現実的ではありません。

では、どのようなことをすれば生産性は向上するのでしょうか。
実は大きな改革に取り組む必要はなく…

続きを読む⇒ https://www.manegy.com/news/detail/360

働き方改革特集一覧はこちら⇒ https://www.manegy.com/content/workstyle2018/


【この記事に関するお問い合わせ】
株式会社MS-Japan manegy事業部 企画ユニット
URL:https://www.manegy.com/inquiry/ 
TEL:03-3239-7373  FAX:03-3239-7397


【株式会社MS-Japan】
管理部門特化型エージェントNo.1。管理部門・会計・法律分野に特化した人材紹介事業、会計事務所等のプロフェッショナルファームの紹介事業会社。
管理部門従事者、士業資格保有者に向けて経営管理に役立つ情報を毎日配信するManegy[マネジー]を運営

■人材紹介事業(管理部門・会計・法律分野に特化)
https://www.jmsc.co.jp/

■Manegy(マネジー) / 管理部門・士業向けの情報サイト
https://www.manegy.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/Manegy.by.MSJapan/

関連URL:https://www.manegy.com/content/workstyle2018/




注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル