公益財団法人ツネイシ財団


鞆中学校へ、観光ボランティアガイド育成のための「英会話特別授業」を支援



ビデオ通話アプリ「フェイスタイム」を使い、オーストラリアで高校の校長を勤めるアラン・ロフさんと対話学習

ビデオ通話アプリ「フェイスタイム」を使い、オーストラリアで高校の校長を勤めるアラン・ロフさんと対話学習

 公益財団法人ツネイシ財団(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表理事:伏見泰治、以下ツネイシ財団)は8月21日、福山市立鞆中学校(以下鞆中学校)が3年生を対象に行った英会話の特別授業を助成しました。

 鞆中学校では、十数年前より地域貢献の一環として、生徒が地元の観光地「鞆の浦」を案内する観光ボランティアガイドの活動に取り組んでいます。近年の外国人観光客の増加を受け、2015年からは英語による観光ガイドにも対応できるよう、英語教育に力を入れています。

 福山市立大学と連携して行う特別授業は、昨年に続き2回目で、今回はオーストラリア、フィリピンに在住するネイティブ講師をビデオ通話アプリで繋いで行われました。参加した11人の生徒たちは、自己紹介をはじめ、食文化や地理、気候の違いを話すなど、積極的なコミュニケーションを図っていました。

 福山市立大学の伊澤幸洋副学長は、「ツネイシ財団さまのご支援のおかげで、鞆中学校の生徒に英会話特別授業を実施することができ、大変感謝しています。ネイティブスピーカーと積極的なコミュニケーションを取ることは、英語力を高めるうえで重要と言われています。今回、学んだ英語を観光ボランティアガイドで活用していただけたらと思います。皆さんの輝かしい未来が、世界と広くつながることに期待します」と話しました。

 ツネイシ財団は2017年より鞆中学校へ助成を行い、これまでに英会話能力向上の各種支援や、ガイド者装備品の充実など多様な支援に努めてきました。地域の活性化とグローバル社会化の実現に向けて、これからも積極的な支援活動を行っていきます。

■ 公益財団法人ツネイシ財団
所在地:〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083番地
代表理事:伏見泰治
常石グループは1903年の創業以来、地域に支えられ共に成長する企業として地域社会と一体となった社会貢献活動に取り組んでいます。ツネイシ財団は常石グループの創業の理念に基づき、市民・行政・企業が協働したまちづくりと子どもの健全育成を通じて、地域の活性化と豊かな市民生活の実現に寄与することを目的に、公益財団法人として2017年に設立。公募を中心として、多様な支援事業を行うことで、地域社会との共生を目指しています。

- 本件に関するお問い合せ先 -
公益財団法人ツネイシ財団 事務局
〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083番地
office@tsuneishi-zaidan.or.jp
Tel: 084-987-1673; Fax: 084-987-0336

関連URL:https://www.tsuneishi-g.jp/


  • ビデオ通話アプリ「フェイスタイム」を使い、オーストラリアで高校の校長を勤めるアラン・ロフさんと対話学習 ビデオ通話アプリ「フェイスタイム」を使い、オーストラリアで高校の校長を勤めるアラン・ロフさんと対話学習
  • フィリピンの英語講師しているマーク・バレステロスさんと対話学習 フィリピンの英語講師しているマーク・バレステロスさんと対話学習
  • 英語で自己紹介 英語で自己紹介



注目ワード
シルバーウィーク
台風
CEATEC JAPAN
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭