ダットジャパン株式会社


写真の3D前処理システム「ダン・シャリ君(仮称)」の建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)への参考出展とトライアルユーザー募集の件
~夢想科学との共同開発~



ダットジャパン株式会社(本社:北海道札幌市、社長:犬丸澄夫、資本金:6,000万円、業種:ソフトウェア開発販売・コールセンター運営)および夢想科学株式会社(所在地:大分県、大分市、社長:泉保則、資本金:700万円、業種:ドローン設計・開発)は、インフラ点検等で撮影した膨大な枚数の写真から建造物を3D化する際の処理時間を大幅に短縮するための3D前処理システム「ダン・シャリ君(仮称)」を共同で開発いたしました。
本システムを8月28日(火)から幕張メッセで開催される「建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)」に参考出展し、トライアルに協力いただけるユーザー企業を募ります。

本システムは、ダットジャパン株式会社の持つ写真処理に関するソフトウェア開発技術と、ドローン設計、点検分野の先進的企業である夢想科学株式会社との協業により実現しました。

1. 背景
近年、ドローンやロボットを用いたインフラ点検の効率化が期待されています。本点検方法では、ドローンやロボットで建造物の全面をくまなく近距離から撮影後、撮影写真から3Dモデルを作り、この3Dモデルをくまなく確認する事で点検を行なう事になります。又、既にシンガポールを初めとする海外では建造物の3D化が始まっており(※1)、建造物の3D化は 日本でも大きな期待が寄せられています。一方、3D生成用に撮影される写真は(1)枚数が多い(例えば幅15m、長さ250mの橋梁で5,000枚程度)、(2)写真の解像度が高い為、ファイルサイズが大きい、という問題があり、これらに起因する処理時間の増大が建造物の3D化浸透の障害となっています。

2. 本システムの概要
本システムは撮影した写真を3D化する際のSfM処理(※2)の前処理として、冗長度の高い写真セットからダブリ、失敗等を取り除くものです。
本システムは夢想科学でトライアル利用を開始しており、「ダン・シャリ君(仮称)」を用いて前処理を行なう事により、現段階で約30%の時間短縮を行うことができることが確認できました。幅15m、長さ250mの橋梁を3D化する場合、5,000枚程度の写真が必要なので、従来法では処理時間は150時間(6.25日)となります。一方、「ダン・シャリ君(仮称)」で前処理を行ない、不要な画像を削除すると105時間で処理が完了するので、45時間(1.87日)の時間削減となります(※3)。最終的に 本システムでは従来の処理に比べ、25〜50%の効率化を目指します(撮影条件や天候条件による)。
現在、国内の橋梁は約67万橋で、5年に1度の点検が義務づけられています(年間約13万橋の検査が必要)。全てを3D化する事で点検を行なう場合、毎年撮影される写真は13万x5,000枚=6億5千万枚(全て、15m x 250mと仮定)となり、1台のPCで処理を行うと、2,000年以上の処理時間となります(1橋6.25日×13万橋÷365日)。仮に2,000年と仮定し、2,000台のPCで処理した場合は1年となりますが、「ダン・シャリ君(仮称)」であれば8.5ヶ月で処理が可能で、約3.5ヶ月の時間短縮が可能となります。

3. 本システムのメリット
(1) 本システムの利用により、3D化の処理時間短縮が図れる為、迅速な点検結果の報告が可能になります。
(2) 本システムの利用により、25〜50%(目標)の処理時間となるため、電気料金の節約、さらにCO2削減への効果も期待できます。

4. 今後のスケジュール:
2018年9月~12月 無償トライアルユーザーの募集(10社程度)
2018年11月~ 無償トライアルの実施
2019年4月以降 有償版のリリース
2020年以降 年間1億円の売上を狙います。

本システムは3D化の前処理だけでなく、深層学習を含む学習やAIによる画像点検の前処理にも適用が可能と考えています。 また、ダットジャパンと夢想科学は連携を強化し、今後も共同でインフラ点検分野の課題解決を行なって行く予定です。

※1:データが都市を変える先進事例「ヴァーチャル・シンガポール」の可能性
https://tech.nikkeibp.co.jp/kn/atcl/knpcolumn/14/546679/022900019/
https://wired.jp/2017/06/21/3dmap-virtual-singapore/
※2:SfM処理(Shape from Motion);移動するカメラから形状を復元する処理
※3:計測条件
・ハードウェア(CPU Corei7-6850K, GPU GTX1060(3ヶ), 外部記憶 SSD 480GB, メモリー 64GB)
・SfM処理用ソフト PhotoScan Professional

お問い合わせ先:ダットジャパン(株)
ビジネスソリューション事業部 飛澤 直人
TEL:011-207-6211 FAX:011-207-6222
メールアドレス tobisawa@datt.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ダットジャパン株式会社について】
建設系ソフトウェアの開発を主とし、北海道札幌市で創業30年を迎えた。コールセンターの運用及びコールセンター系システムの開発・販売。

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目34 フージャース札幌ビル10階
ダットジャパン株式会社 代表取締役 犬丸 澄夫
TEL:011-207-6211 FAX:011-207-6222 URL:http://www.datt.co.jp/

【夢想科学株式会社について】
〒870-0162 大分県大分市明野高尾2丁目2-2
夢想科学株式会社 代表取締役 泉 保則
TEL:097-574-5428  FAX:097-574-5429


  • ダン・シャリ君 添付資料 ダン・シャリ君 添付資料


このカテゴリーの関連ニュースリリース(技術・開発)


注目ワード
シルバーウィーク
台風
CEATEC JAPAN
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭