パナソニックグループ


SDカーナビステーション Strada 2機種を発売



SDカーナビステーション「ストラーダ」CN-RX05WD

SDカーナビステーション「ストラーダ」CN-RX05WD

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(以下、パナソニック)は、ブルーレイディスクプレーヤーを搭載したSDカーナビステーション「ストラーダ」の新製品2機種を2018年10月上旬より発売します。

ハイビジョン映像が家庭で定着する中、パナソニックは、ブルーレイディスクプレーヤーを搭載したカーナビを市場導入し、「家でも車でもブルーレイ」を提案してきました。
本製品は、市販カーナビでパナソニックだけ(※1)のブルーレイディスクプレーヤーを搭載し、家庭のレコーダーで録りためた高画質映像を気軽に車に持ち込んで楽しめます。加えて、年々高まるドライブの安全・安心への関心に応えて、業界初(※1)となるゾーン30(生活道路区域内で車の最高速度を時速30キロに制限する規制)内のスピード超過警告機能や高速道路の逆走警告機能等を備えた「安全・安心運転サポート」を新搭載。また、新たに2018年11月より稼働予定の2機を加えた計3機の準天頂衛星「みちびき」に対応し、道路標高情報を活用した新アルゴリズムを搭載することで、ナビゲーションに重要な自車位置精度を更に向上しています。

パナソニックは、充実したブルーレイカーナビのラインアップで、今後も快適なドライブをサポートして参ります。

<特長>
1. 市販カーナビでパナソニックだけ(※1)のブルーレイプレーヤー搭載の7V型AV一体型カーナビ。
2. 業界初(※1)となるゾーン30内のスピード超過警告機能や高速道路の逆走警告機能、更に、スムーズな走行をサポートする「信号情報活用運転支援システム」(※2)にも対応した「安全・安心運転サポート」を新搭載。
3. 準天頂衛星「みちびき」複数機対応と道路の標高情報を活用した新アルゴリズムにより、自車位置精度が更に向上。並走する高速道路と一般道路の高低差をより正確に検知。

【品名】SDカーナビステーション
【品番】CN-RX05WD
【パネルサイズ】200mmワイド
【Blu-rayプレーヤー】搭載
【希望小売価格】オープン価格
【発売日】2018年10月上旬
【月産台数】1,000台

【品名】SDカーナビステーション
【品番】CN-RX05D
【パネルサイズ】180mm
【Blu-rayプレーヤー】搭載
【希望小売価格】オープン価格
【発売日】2018年10月上旬
【月産台数】1,000台

※1 2018年8月21日現在 パナソニック調べ。国内市販ルート向けカーナビゲーションとして。
※2 オプションの高度化光ビーコン対応ETC2.0車載器「CY-ET2500VD」が必要です。システムの対象路線情報については、一般財団法人 道路交通情報通信システムセンターのホームページをご参照ください。

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
インフォテインメントシステム事業部 市販・用品ビジネスユニット 企画部
TEL:045-938-1408

【商品に関するお問い合わせ先】
お客様ご相談センター
TEL:フリーダイヤル 0120-50-8729(受付時間 9:00~18:30 365日)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] SDカーナビステーション Strada 2機種を発売(2018年8月27日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/08/jn180827-2/jn180827-2.html

<関連情報>
・一般財団法人 道路交通情報通信システムセンター ビーコン設置路線情報
http://www.vics.or.jp/know/structure/beacon_map.html#tsps

関連URL:https://news.panasonic.com/jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • SDカーナビステーション「ストラーダ」CN-RX05WD SDカーナビステーション「ストラーダ」CN-RX05WD
  • SDカーナビステーション「ストラーダ」CN-RX05D SDカーナビステーション「ストラーダ」CN-RX05D



注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル