株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)


VMwareとの協業成果として社会インフラ向け高信頼プラットフォームソリューションを販売開始[日立]



~仮想化ソフトウェア「VMware vSphere(R)」に日立独自の高信頼化機能・長期サポートを追加~
―ITシステム投資の最適化とデジタルビジネス拡大を支援―

株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、VMware社(以下、VMware)との協業成果として、金融や公共、交通をはじめとする社会インフラ分野向けに、オープンシステム環境での長期にわたる基幹システムの安定稼働を支援する高信頼プラットフォームソリューションを9月5日から販売開始します。

本ソリューションは、VMwareのオープンでグローバルスタンダードな仮想化ソフトウェア「VMware vSphere(R)(以下、vSphere)」を、日立独自の機能で高信頼化し、日立のサーバー「RV3000」と組み合わせて提供するものです。また、両社の強固な協業体制のもと、vSphereの最長10年にわたる長期サポートを実現するとともに、お客さまの基幹システムの迅速な問題解決を支援します。
これらにより、ミッションクリティカルな基幹システムにおいて、長期にわたる安定稼働を維持するとともに、他のオープン系システムとも容易に接続できるため、システム運用の効率化やIT投資の最適化が可能になります。また、他のオープン系システムとのデータ連携などが可能になることにより、デジタルビジネス拡大を支援します。


▼続きはこちら(ニュースリリース)
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/09/0904.html

▼日立高信頼サーバ「RV3000」のWebサイトはこちら
http://www.hitachi.co.jp/rv3000/



◆商標に関する表記
・VMware、VMware vSphere、VMware vSphere DirectPath I/Oは、米国およびその他の地域におけるVMware,Inc.の登録商標または商標です。
・インテルおよびXeonは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
・記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
シルバーウィーク
台風
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭