学校法人近畿大学


近畿大学と新潟県立海洋高等学校が高大連携協定を締結 アカムツ等の種苗生産研究を共同実施



新潟県立海洋高等学校校長の椎谷一幸(中央左)、教頭の山口活水(左)近畿大学水産研究所長の升間主計(中央右)、富山実験場長の家戸敬太郎(右)

新潟県立海洋高等学校校長の椎谷一幸(中央左)、教頭の山口活水(左)近畿大学水産研究所長の升間主計(中央右)、富山実験場長の家戸敬太郎(右)

近畿大学(大阪府東大阪市)と新潟県立海洋高等学校(新潟県糸魚川市)は、平成30年(2018年)10月2日(火)、新潟県立海洋高等学校にて、「アカムツ等の養殖および種苗生産に関する高大連携協定」を締結しました。

【本件のポイント】
●「ノドグロ」とも呼ばれる高級魚アカムツ等の種苗生産および養殖をめざし、高校と大学が協力して研究する
●相互の養殖技術向上のため、アカムツ等の飼料や初期飼育に関する技術交流を実施
●学生・大学院生が高校生の実習・実験等を補助するなど、学生・生徒間の交流も

【本件の概要】
近畿大学水産研究所富山実験場では、日本海側の環境に適した陸上養殖に関する研究・開発を行っており、現在はアカムツの完全養殖を目指しています。
このたび、天然アカムツの漁場として知られる新潟県内で、海水魚の種苗生産を行える施設を有する新潟県立海洋高等学校と協力し、アカムツ等の種苗生産および養殖に向けた研究を行うこととなりました。
研究や技術交流のほか、学生による高校生の実験・実習の補助などの交流を行い、次世代の水産養殖を担う人材の育成にも取り組む予定です。

関連URL:https://www.flku.jp/


  • 新潟県立海洋高等学校校長の椎谷一幸(中央左)、教頭の山口活水(左)近畿大学水産研究所長の升間主計(中央右)、富山実験場長の家戸敬太郎(右) 新潟県立海洋高等学校校長の椎谷一幸(中央左)、教頭の山口活水(左)近畿大学水産研究所長の升間主計(中央右)、富山実験場長の家戸敬太郎(右)



注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル