日本テクノ株式会社


西日本最大規模の環境産業総合見本市
「びわ湖環境ビジネスメッセ2018」に出展!



昨年の日本テクノの出展ブースです

昨年の日本テクノの出展ブースです

日本テクノ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:馬本英一)は、2018年10月17日(水)~10月19日(金)に滋賀県長浜市の長浜バイオ大学ドームで開催される「びわ湖環境ビジネスメッセ2018」に出展致します。

「びわ湖環境ビジネスメッセ2018」
日時:2018年10月17日(水)~10月19日(金)10時~17時(最終日は16時まで)
会場:滋賀県長浜市田村町1320 長浜バイオ大学ドーム(日本テクノ小間番号)L-17
主催:びわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会
https://www.biwako-messe.com/

本展示会は西日本最大規模の環境産業総合見本市で、環境関連分野の企業約300社が出展。会期中は約3万5000人の来場が見込まれます。

日本テクノのブースでは、電気の「見える化」「理解(わか)る化」による省エネ・節電から生産性向上を図る手法をご紹介します。電気の使用状況を光と音でお知らせする時計「SMART CLOCK」(以下スマートクロック)と、使用量が数字とモニターに映る表情でわかるモニター「SMARTMETER ERIA」(以下スマートメーター エリア)をデモ展示。ビジネスシーンで実現する無理のない、上手な電気の使い方をご提案します。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

★日本テクノの概要
全国約57,000件のお客さまに電気エネルギーに関する総合サービスを提供。うち約45,000事業拠点には、電気の「見える化」を通じて生産性向上・業務改善のお手伝いをしています。「電気をまもる。電気をつくる。電気を賢くつかう」。これをサポートすることが、私たち日本テクノの使命です。

★スマートクロックとは
スマートクロックは、電気の使用量をLEDの「光」と「音」で知らせてくれる壁掛け時計です。普段何気なく目にする時計に、電気の使用量も表示することで、消費電力をより身近に感じていただけるようになりました。オフィスや学校、工場、店舗などさまざまな場面で、省エネ活動の促進や生産性向上に活用していただいております。

★スマートメーター エリアとは
「スマートメーター エリア」は、使用している電気の量を計測して、電気の使いすぎを知らせる省エネシステムです。スマートクロックの管理モニターとして、さまざまな設定や操作を行えます。インターネット上の専用サイトも用意しており、モニターと連動した使用量や電気料金などを表示。電力プランのシミュレーションも行うことができ、省エネ活動の目標設定や意識づけにも効果的です。

【日本テクノ株式会社について】
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル53階
TEL:03-3349-1111  FAX:03-3349-1112
設立:1995年4月4日
代表者:代表取締役社長 馬本 英一
従業員数:1073名(2017年9月1日現在)
事業内容:電力小売事業、高圧電気設備保安管理・点検業務、キュービクル常時監視システム販売および電力コンサルティング、電気料金自動検針事業
URL:http://www.n-techno.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
日本テクノ株式会社 広報室
TEL:03-5909-5128
E-mail:info@n-techno.co.jp

  • 昨年の日本テクノの出展ブースです 昨年の日本テクノの出展ブースです



注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル