千葉科学大学


千葉科学大学市民公開講座 11月18日に「看護の科学」、12月9日に「生活安全と危機管理」開催



市民公開講座ポスター

市民公開講座ポスター

千葉科学大学(千葉県銚子市潮見町)は、2018年11月18日(日)に「看護の科学」、12月9日(日)には「生活安全と危機管理」と題して市民公開講座を開催します。多くの市民の参加を呼び掛けています。

「看護の科学」は高齢者を対象とした生涯学習講座を含み、看護学部の高橋方子教授が終末期医療の意思決定について講演します。「生活安全と危機管理」は危機管理学部の村上徹教授が、地域社会における犯罪被害者支援について分かりやすく話します。

受講無料。場所はいずれもマリーナキャンパスの防災シミュレーションセンター・実験室(〒288-0025 銚子市潮見町15-8)です。JR総武本線・成田線「銚子駅」から路線バス・タクシーで10分。自家用車での来場もできます(学内駐車場を開放)。

千葉科学大学の市民公開講座は7年目。幅広い年齢の市民向けに、身近で役に立つテーマを選んでいます。本年度も現代社会におけるホットな話題を取り上げて7月から毎月開いており、大学と市民が交流を深める場ともなっています。

市民公開講座に関するお問い合わせ・申し込みは、千葉科学大図書館(担当:西崎、安藤)。
Tel.0479-30-4510 Fax.0479-30-4511(平日/土曜9:00~17:00) E-mail: library@ml.cis.ac.jp

<11月市民公開講座「看護の科学」の概要>
■日時:2018年11月18日(日) 13:30~15:00  (13:00から受け付け)
■講師:千葉科学大学看護学部教授 高橋 方子
■対象:高校生、一般
※高齢者を対象とした生涯学習講座を含む

<12月市民公開講座「生活安全と危機管理」の概要>
■日時:2018年12月9日(日) 13:30~15:00  (13:00から受け付け)
■講師:千葉科学大学危機管理学部教授 村上 徹
■対象:高校生、一般

千葉科学大学は2019年度より、3学部(薬学部、危機管理学部、看護学部)、6学科(薬学科、危機管理学科、保健医療学科、航空技術危機管理学科、動物危機管理学科、看護学科)の新たな学科体制のもと、より幅広い分野で社会貢献できるスペシャリストの養成を目指しています。


【千葉科学大学について】
http://www.cis.ac.jp/
2004年4月の設立。危機管理の素養を持ち、より幅広い分野で社会貢献できるスペシャリストの養成を目指す大学です。建学理念は「ひとりひとりの若人が持つ能力を 最大限に引き出し 技術者として 社会人として 社会に貢献できる人材を養成する」です。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
千葉科学大学 入試広報室 青井 克憲、袁 安民(エン アンミン)
TEL:0479-30-4545  (9:00~17:00)
e-mail:koho@cis.ac.jp


  • 市民公開講座ポスター 市民公開講座ポスター
  • 市民公開講座ポスター 市民公開講座ポスター


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状