パナソニックグループ


電動アシスト自転車2019年モデル全12車種を発売



【新開発のフレームを採用したティモ・L】

【新開発のフレームを採用したティモ・L】

パナソニック サイクルテック株式会社(以下、パナソニック)は乗り心地や使いやすさをさらに高めた、電動アシスト自転車2019年モデル全12車種を2018年11月1日より順次発売します。

坂道や荷物を載せた状態でもラクに走行できる電動アシスト自転車の市場は年々拡大しており、2017年度の電動アシスト自転車市場は前年度比で約110 %(※1)に拡大しました。子育てや通学でのニーズの高まりなどにより、今後も堅調に伸長していくことが予想されます。

今回発売する電動アシスト自転車2019年モデルは、全車種、こぎ出しのアシスト力の制御機能(※2)を向上させ、よりスムーズな発進を実現しました。また、通学・通勤モデルの「TIMO(ティモ)」シリーズでは、乗り降りのしやすさとデザイン性が高いS型のフレームを採用した新車種「ティモ・L」を追加。ショッピングモデルの「VIVI(ビビ)」シリーズでは、主力車種である「ビビ・DX」に大容量で荷物が周りから見えにくい新型バスケット(※3)を搭載しました。子育てモデルの「Gyutto(ギュット)」シリーズでは、チャイルドシートのグリップバーを開閉しやすくし、子どもの乗せ降ろしがこれまで以上にラクに行えます。

走行時の快適性に加え、手元スイッチの電源を入れることで後輪サークル錠が自動で開錠できる「ラクイック」や、バスケットの荷物が多い停車時にハンドルのふらつきを防ぐ「スタピタ2」など、乗り降り時の利便性を考慮した機能を、車種ごとに想定される使用シーンに合わせ搭載しています。

パナソニックは国内生産の電動アシスト自転車で、より便利で快適な自転車生活の実現をサポートします。

<特長>
1. こぎ出しのアシスト力の制御機能(※2)を向上させ、よりスムーズな発進を実現
2. S型のフレームを採用した新車種を加えた「TIMO(ティモ)」シリーズ
3. 大容量で荷物が周りから見えにくい新型バスケットを採用した(※3)「VIVI(ビビ)」シリーズ

【品名】電動アシスト自転車2019年モデル
【シリーズ】
通学・通勤モデル「TIMO(ティモ)」シリーズ:4車種
ショッピングモデル「VIVI(ビビ)」シリーズ:4車種
子育てモデル「Gyutto(ギュット)」シリーズ:4車種
【発売日】
「VIVI(ビビ)」シリーズ、「Gyutto(ギュット)」シリーズ:2018年11月1日
「TIMO(ティモ)」シリーズ:2018年12月3日

※1 一般社団法人自転車協会調べ
※2 オートマチックモードのみ
※3 ビビ・DXに採用

【お問い合わせ先】
パナソニック サイクルテック株式会社
お客様ご相談窓口(通話無料)
電話:0120-781-603(受付9:00~18:00)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 電動アシスト自転車2019年モデル全12車種を発売(2018年10月24日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/10/jn181024-1/jn181024-1.html

<関連情報>
・パナソニック 自転車・電動アシスト自転車
http://cycle.panasonic.jp/

関連URL:https://news.panasonic.com/jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 【新開発のフレームを採用したティモ・L】 【新開発のフレームを採用したティモ・L】
  • 【乗せ降ろしがしやすくなったギュット・アニーズ・DX】 【乗せ降ろしがしやすくなったギュット・アニーズ・DX】
  • 【新バスケット採用のビビ・DX】 【新バスケット採用のビビ・DX】



注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日