日本オラクル株式会社


ラリー・エリソン、クラウドの将来を明示



オラクルは、自律的機能、追随を許さないセキュリティ、パフォーマンスとコストに大きなメリットを備えたエンタープライズ向けの第2世代クラウドを提供

(本資料は米国2018年10月22日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)
Oracle OpenWorld, サンフランシスコ – 2018年10月22日

「Oracle OpenWorld」の開会基調講演においてオラクルの経営執行役会長兼CTOであるラリー・エリソン(Larry Ellison)は、エンタープライズ専用に構築され、市場のどのクラウドよりも技術的に高度かつセキュアな第2世代のクラウドに関するビジョンを明らかにしました。

第1世代のクラウドは10年前の技術をベースに構築されていますが、「Oracle Gen 2 Cloud」はエンタープライズが最も必要とするワークロードをセキュアに実行するために特別に構築されています。ユニークなアーキテクチャと機能を備えたオラクル・クラウドは、追随を許さないセキュリティ、パフォーマンス、低コストを提供します。また、「Oracle Gen 2 Cloud」のみが、業界初の自己稼働型データベースである「Oracle Autonomous Database」を実行するように構築されています。

「Oracle Gen 2 Cloud」の基盤である「Oracle Cloud Infrastructure」は、任意のエンタープライズ・ワークロードをセキュアに実行するように設計されています。オラクルの先進的なIaaSは「Oracle Autonomous Database」のネイティブ・サポートを提供し、重要なデータを保護するためにコアツーエッジで新たなレベルのセキュリティを提供します。

エリソンは、彼が「とにかく不十分」というサイバー防御の現状について時間をかけて説明しました。この最重要課題に対応するために、エリソンは、脅威を緩和するための高度に自動化された、検出および予測的な新しい「Oracle Cloud Infrastructure Security Service」を発表しました。オラクル・クラウドの追随を許さないセキュリティの強化についてエリソンは、「Oracle Autonomous Database」がサイバー攻撃やデータ流出を防止するために、稼働中にセキュリティ脅威をスキャンしてセキュリティ・アップデートを適用する唯一の方法を具体的に示しました。

また、世界で最も人気が高く、技術的に高度なデータベースである「Oracle Autonomous Database」についても説明しました。データ管理に大きな変革をもたらす「Oracle Autonomous Database」は、管理、チューニング、パッチ適用を自律的に行い、ユーザーは使った分の使用料のみで高度にセキュアなプラットフォーム上で迅速にイノベーションを図ることができます。

オラクルの自律型データベース機能の拡張についてエリソンは、専用の「Exadata Cloud Infrastructure」と「Cloud at Customer」を含む新しいデプロイ・オプションについて説明しました。お客様は、お客様専用の「Exadata Cloud Infrastructure」上に「Oracle Autonomous Database」を展開してワークロードを分離し、ミッションクリティカルなワークロード向けのさらに高度なセキュリティと信頼性を実現します。「Oracle Autonomous Database Cloud at Customer」は、規制要件があるためにパブリック・クラウドへの移行は選択できないが「Oracle Autonomous Database」のメリットを自社データセンターで活用したいと考えるお客様に理想的です。

エリソンは、オラクルとAmazonのパフォーマンスに大きな違いがあることを示すベンチマーク・テストの結果も短時間のデモで示しました。ベンチマークは、「Oracle Autonomous Database」とAmazonの主要サービスであるAmazon Relational Database Service(RDS)、Amazon Aurora、Amazon Redshiftで稼働するオラクル・データベースを比較したものです。また、データベース・アップデート中も中断なく稼働し続ける「Oracle Autonomous Database」の機能について紹介し、Amazonの99.95パーセントの信頼性および可用性SLAと、ほとんどの計画/計画外ダウンタイムを排除するオラクルの99.995パーセントのSLA保証の違いも強調しました。

基調講演におけるエリソンの主な発言内容は次のとおりです。
・「Oracle Gen 2 Cloud」の設計目標は、すべてを実行するセキュアな単一プラットフォームです。セキュアなクラウドと言うのは簡単ですが、その構築はとても困難です。クラウドの根本的な再構築が必要でした。
・脅威を検出するために、最新の人工知能と機械学習を活用しています。これからは、両手を後ろで縛られた状態で戦うことはなくなります。
・ある世代のコンピューティングから次世代に移行する際のオラクルの目標は常に、データとアプリケーションに対するお客様の投資を保護し、それらを容易に次世代へと移行できるようにすることでした。「Oracle Gen 2 Cloud」でも、それを踏襲しています。
・「Oracle Autonomous Database」は簡単に利用できるため、お客様が何かを学んだり行ったりする必要はありません。開発者はより生産的になり、新しいアプリケーションを作成したり、データ分析で素晴らしい仕事をしたりできるようになります。システムはより信頼できるものになり、ダウンすることはありません。

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
・Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
・Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan

オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア全体にわたるデータセンターから提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

Oracle OpenWorldについて
「Oracle OpenWorld」は、20年間にわたって開催されている業界で最も重要なビジネスおよびテクノロジー・カンファレンスです。数万人もの来場と、オンライン上では数百万人もの参加者を集め、イノベーションと成長にクラウドを活用する企業への貢献に重点を置き、業界トレンドやテクノロジーが実現するブレークスルーに対する深いインサイトを提供します。
世界の250社以上のパートナー企業およびお客様が数百におよぶデモ、実践ラボ、展示を行う「Oracle OpenWorld」は、クラウド・アプリケーションからクラウド・プラットフォームおよびインフラストラクチャに至る先進のクラウド・テクノロジーの展示の場となっています。登録方法、基調講演やセッションの視聴方法などの詳細については、www.oracle.com/openworldをご参照ください。また、Twitter、Facebookでのディスカッションにもぜひご参加ください。


将来の製品に関する免責条項
上記の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。上記の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期および価格については、弊社の裁量により変更される可能性があります。

将来の見通しに関する記述
オラクルの将来の計画、期待、信念、意図に関する本記事内の記述は「将来に関する記述」であり、重大なリスクや不確実性が生じる可能性があります。こうした記述はオラクルの現在の期待と仮定に基づいており、その一部はオラクルの制御できる範囲を超えています。本記事内の情報はすべて、2018年10月22日時点で最新であり、オラクルは新しい情報や将来の出来事を踏まえて記述を更新する義務を負いません。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/


カテゴリー
企業動向その他企業動向
業種
ITその他IT



注目ワード
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状
ランドセル